イタグレと。大阪で。イタリアングレーハウンドのルーク&ジーノと飼い主たち。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
久宝寺緑地、後藤ベーカリー、ルークのピアス。 23:23
0

    Mao.

     

    ボッコ中。

     

     

    Abi.

     

     

    最近いろんな初めてを経験中のアビー。

     

    やればできる仔。

     

     

    Jino.

     

    走って脚ムッキムキのジーノ。

     

    花には興味なし。

     

     

     

     

    カメラを構えて名前を呼ぶと振り向いてくれないあるある。

     

     

    Abi.【すいませ〜ん、、、】

     

     

    Mao.

     

    慣れっこモデル。

     

    このユーカリの木は本当にいい形だ。

     

     

     

    Jino.【きゃ〜🎵】

     

     

    真央ちゃんママ手作りの犬弁当。

     

    鹿肉のお好み風。サツマイモもたっぷり。

     

     

     

    食べた後は、もちろんボッコ。

     

     

     

     

    真央ちゃんのボッコをたまに邪魔しに行くジーノ。

     

    小さく唸られても、受け流して匂いをかぐ。

     

    怖いもの知らずのジーノは、女子たちの優しさを知っているのだろうな。

     

     

     

    尻尾で封鎖中も、クイっとお邪魔するジーノ。

     

    アビーはなんとも言えない表情で固まったまま。

     

    ジーノにはほとんど怒らなくなった。

     

    そんなアビーの得意技であるジャンプ。

     

     

    簡単そうにやってくれるが、

     

    意外と受け止める側も難しそう。

     

    息ぴったりのおふたり。

     

    ジーノはキックして終わる、ただの失礼な感じ。

     

     

    Abi.【あ、イヤな予感。待ってる...】

    Jino.【来い来い来い来い...】

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

    Mao.【パンタイム〜🎵】

     

     

    @Go to ベーカリー。

     

    Abi.

     

    眉毛の動かし方が上手。

     

    困り顔も種類が豊富。

     

     

    Jino.【グゥ〜】

     

    食う寝る遊ぶ。

     

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

    Luke.

     

     

    今日は散歩に行く前に、初めてピアスを作った。

     

    ルークの可愛らしい小さい骨を入れて、そのほか植木の葉っぱや紙を適当に入れる。

     

    これでルークと一緒にどこかに行ったりできるのかな、と少し思うのだ。

     

     

    | | comments(2) | - | posted by uno-craftman - -
    ソル来阪。 16:59
    0

      Jino&Sol.

       

       

      初対面の二匹。

       

      ルークの唯一の同胎である弟ソルと、育ての弟?ジーノが初めまして。

       

       

      Jino.【あ、なんだか懐かしいような、、、】

       

       

      ソルとルークのあまりのそっくりさに、ジーノが感動して、、、

       

      なんてことはさっぱりなく。

       

       

      年上のソルにかましまくるジーノ。

       

      一喝どころか三喝ほど。

       

       

       

      テンシバのテラス席は犬同伴OKのお店がいくつかある。

       

      肌寒いような日差しもきついような、難しい季節。

       

      でも晴れていて良かった。

       

       

      Sion & Zion.

       

       

      ソルの来阪時にはお世話になる二匹。

       

       

      Sion.

       

       

      Abi.【ったく、しょうがないわねぇ】

       

       

      アビーは少し緊張気味だが、とても静かでお利口さん。

       

      今日は紅一点、男子たちのワサワサぷりにしょっぱ顔。

       

       

      Sol.【🎵】

       

       

      飼い主さんを山のようにどんどん登って行こうとするソル。

       

      ルークにそっくりだけれど、行動や雰囲気は違って、若々しくソワソワッ子。

       

      7歳には見えないイキイキっぷりだ。

       

       

      Sol.【ふんふんっ】

       

      アビーママにしがみつく。

       

      Sol.

       

       

      犬に対しても興味津々、

       

      人に対しても表現豊かなソル。

       

      通りすがりのおばちゃんやお兄さんにも、声をかけてくれる人には過剰サービスで接待する。

       

      とにかく人懐っこい、見ていて飽きない面白さがある。

       

       

      JINO.【早く走りたいなぁ】

       

       

      カフェやお店は退屈なお年頃。

       

      抱っこも苦手なジーノは床上でボ〜ッとする。

       

       

      Mr TSUTENKAKU.

       

       

       

       

       

       

      たいてい集合写真はうまくいかないのだが、

       

      そんな中、アビーはひとり微動だにせず、いいモデルであった。

       

      ジーノは全然、主役であるソルもフレイムアウト。

       

       

      また次回会える時まで、楽しみに。

       

      一度会うとジーノは忘れない。

       

       

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       

       

      Jino.

       

       

      ルークがいなくなり、ひとりになったジーノは、

       

      ごはんを食べる様がさらにのんびりとしたものになった。

       

      フードも今のものがそれほど気に入っていないのか、残して後で食べたり、と。

       

      まるで、猫のようだ。

       

       

      散歩で吠えることもほとんどなくなった。

       

      ルークが居る時は、真似をしたり、代わりに吠えたりしていてくれていたらしい。

       

      なんだか犬も役割や環境がいろいろあるんだな。

       

       

      | | comments(2) | - | posted by uno-craftman - -
      ジーノは。 22:41
      0

         

         

        ルークが大好きな公園の桜、見せてあげたかったなぁ。

         

         

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         

         

        長居公園のハトたちは、ビニール袋を取り出すだけで寄ってくる。

         

        ジーノが出したものを拾うだけー。

         

         

        Jino.

         

         

         

         

         

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         

         

        スティックセニョール。

         

        以前はそれほど、食いついてこなかったブロッコリー。

         

        今日は欲しいとのこと。

         

         

         

        ジーノは元気です。

         

        グッボイ。

         

        | | comments(7) | - | posted by uno-craftman - -
        約束のお花見へ。 22:51
        0

           

          ホームの公園へ。

           

          今日はお花見日和、とても暖かい。

           

          ルークが亡くなる直前に、犬仲間と花見散歩の約束をしていたのだ。

           

          ルークのカケラとジーノを連れて、参加だ。

           

           

           

          いろんなところから、花の香りがする。

           

           

          【けっこう自由な三匹】

           

           

          Nico.

           

          Moko.

           

          Jino.【こういう置物あるよね〜、と言われているジーノ】

           

           

          ドッグカフェ/カメノさんにて、ランチ。

           

          意外だが、ジーノはこういう場所ではおとなしい。

           

           

          犬たちも待ってました、と肉と野菜を食す。

           

          少し暑くて疲れたね。

           

          犬も人もとにかくよく歩いた。

           

          一人ではとても歩かない。犬と仲間に感謝だ。

           

           

           

          【ルークのオトウトという紹介から、どんどん変わっていくのかな】

           

           

          ジーノとはまだあまり会話ができていないことに気づいた。

           

          ルークが間に入って全てまとまっていたところがある。

           

          ほぼ私の言葉を理解していたルークと、そのルークを見て真似したり、付いて行っていたジーノ。

           

           

          ジーノはまだ犬2年目、来日3ヶ月くらいの印象か。

           

          ルークがいなくなったことで、ジーノと私の関係が浮き彫りになった。

           

           

           

          カフェの近くにできた食パン専門店にて。

           

          侍パン購入。パンはルーク左衛門も大好物であった。

           

           

          IMG_9757.JPG

          Jino.

           

           

          ジーノは朝ごはんを残したり、足を引きずってみたり、トイレじゃないところでオシッコしてみたりと。

           

          わかりやすい。

           

           

          誰よりもルークを探しているのは、ジーノだろう。

           

          そして、誰よりも現状をわかっているのもジーノなのだと思う。

           

           

          それでも、

           

          お腹が減ればゴハンを食べるし、散歩ではいい走りをするし、ボール遊びはしつこいし。

           

          いつものジーノも健在だ。

           

           

          犬も人も時間を要する。

           

           

          | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
          The Day -2018.3.18- 21:27
          0

            【2018.3.18 sunday】

             

             

            ルークはまるで眠っているようだった。

             

            『その日』が来ると知っていたが、とうとう現実のものとなってしまった。

             

            冷たく動くことのないルークを、ジーノは改めて確認する。

             

             

             

            ルークの仲間たちが最後の挨拶にやって来てくれ、

             

            私の代わりにたくさん泣いてくれた。

             

             

            ルークはどんな思いだったのだろう、と考えるも答えは返ってくることはない。

             

            ただ、

             

            たくさんの仲間といろんな人たちに愛されていたのは知っている。

             

             

            【ルークのために垣根を超えて集結!】

             

             

            ちびっこがせっせと何かしていた。

             

            気づけば、ルークは見守られている。

             

            ちびっこなりの弔いなのだ。ルーク、心強いな。

             

             

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             

            【葬儀場へ向かう車内で】

             

             

            最初で最後。

             

            ルークの首がジーノの背中に乗る。

             

            ジーノ、初めてルークに貸してあげられたね。

             

             

            【ちびっこも最後の挨拶】

             

            ルークの耳は変わらず柔らかい。

             

             

             

             

            Mao.

             

             

            ルークの大親友、真央ちゃんが駆けつけてくれた。

             

            ルークの大好物が並ぶお弁当を持って。

             

             

             

            朝から嵐のような天候だったが、

             

            空を見上げていてくれた仲間たちのおかげか、

             

            火葬中に雨はパタリと止み、青空までも見えてきた。

             

            驚いた。

             

            あぁルークが無事のぼったのだな、と思った。

             

             

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             

             

            ルークが小さくなって、我が家に帰ってきた。

             

            ポッカリどころか、大きな穴が空いている。

             

             

             

            ルーク、おかえり!!

             

            今までもこれからも大好き。

             

            | | comments(4) | - | posted by uno-craftman - -
            バトンタッチ。 23:30
            0

               

              大好きなルーク、おつかれさま。

               

              よく頑張ってくれたね。

               

              あとはのんびり、ジーちゃんのこと見ていてね。

               

               

               

              Jino.

               

               

              ジーノ、

               

              ルークのこと心配して寄り添ってくれて、いつもありがとう。

              | | comments(2) | - | posted by uno-craftman - -
              オヤツがそこにある限り。 21:57
              0

                 

                Luke, Jino, Ao & Taro.

                 

                 

                一番下っ端のジーノがアリーナ。

                 

                 

                もはやおじさんたちに会いに来てると言っても

                 

                過言ではない二匹。

                 

                 

                 

                 

                体を入れるのが得意なジーノ。

                 

                バスケとかサッカーと同じくポジション取りは重要らしい。

                 

                 

                 

                適当に撮った写真では、ジーノがばっかりが食べているように見えるが、

                 

                実際は公園のやさしきおじさんたちは平等にオヤツをくれるのだ。

                 

                ルークもここでは欲張っていただいている。

                 

                 

                 

                最近。

                 

                ジーノは覚えるおじさんがたくさん居て、

                 

                いっそのこと、と思ったのか。

                 

                おじさんなら挨拶に行く、という荒技を見せている。

                 

                | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                春場所。 22:03
                0

                  朝の地下鉄。

                  朝稽古の帰りかしら。

                  美しいつややかな頰が、

                  電車のなかで温かく輝いている。

                  地面の下だというのに、

                  お日様が差しているようだ。


                  空いた隣に座り、

                  今日はいいことがあるかもしれない、

                  と感じた。



                  結果なにもないのだが、

                  そう思えることが大きい。


                  そんな勝手な思いを巡らせていると、

                  目を伏せて静かに座っていたお相撲さんは、

                  石鹸の香りを残して、スクッと立ち上がり降りていった。

                  あぁ、大阪場所。

                   

                   

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   

                  Jino.【ムニャムニャ】


                  こちらはボスの説教中に、ウトウトするジーノ氏。

                   

                  春だね。

                  | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                  ルークなりのメリハリ。 18:47
                  0

                    Moko.

                     

                    Nico.

                     

                    Luke.【ポカポカでうつらうつら】

                     

                     

                    公園仲間が遊びに来てくれて、小さな公園をくるくる散歩。

                     

                    ルークも今日は行く気満々、走り出すことはなく、すぐさまバギーに乗り込んだ。

                     

                    その横を歩くジーノ。

                     

                    慣れていないのか、車輪に踏まれそうになったりしながらも距離感を掴んで行く。

                     

                    やればできる仔、ジーコ。

                     

                    【なんだかすごい組み合わせの多頭飼い風】

                     

                     

                     

                    Luke.

                     

                     

                    ドライフードを食べることが減ってきたが、

                     

                    お客様が来て膝を占領、そして食べさせてもらうと、

                     

                    食べた!

                     

                     

                    食べる弾みがつくようだ。

                     

                    ご飯の食べ始めは、エネルギーが要るのだろう。

                     

                     

                    気分転換しながら、

                     

                    食べられる時に食べられるものを。

                     

                    今日もごちそうさま。

                     

                    | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                    そーかそーかそーなんかいな。 18:56
                    0

                      Jino.【ルークのツ〜ケ〜サイコー♪】

                       

                       

                      ジーノの優しさなのか、天然なのか(おそらく後者)、

                       

                      ピッタリと寄り添う。

                       

                       

                      ルークは動く余力があるときは席移動をすることがあるが、

                       

                      最近はされるがままのことも多い。

                       

                       

                      耳付近の頭部はジーノに舐められすぎて、

                       

                      なんだか薄くなってきた。

                       

                       

                       

                      ルークは貧血でふらっとすることも見せるが、急に元気を振り絞ることもある。

                       

                       

                      走らせに、飼い主がジーノだけを外にこっそり連れて行こうとする。

                       

                      すると、

                       

                      カツカツカツとルークの足音が聞こえ、玄関にやってくる。

                       

                       

                      ボクも行くと言うのだ。

                       

                       

                      今日は寒いからやめておけ、

                       

                      と伝えるが、珍しく立ち上がって手をかけてくる。

                       

                      元気なときなら普通の行動も、今のルークから考えると、よっぽど行きたいのだなと感じる。

                       

                       

                      それでも。

                       

                       

                      やはり寒いからやめておくのだ、

                       

                      とベッドに連れていく。

                       

                       

                      が、

                       

                      またカツカツとルークは玄関にやってくる。

                       

                      さっきまであんなに表情なく寝ていたのに。

                       

                       

                       

                      それじゃあと、

                       

                      リードを付けて、家の前に出してあげる。

                       

                       

                      どこかへ行きたそうだが、冷えた空気と体力の無さを感じたのか、

                       

                      トコトコとガレージへ戻ってきた。

                       

                       

                      家に入るのかと思えば、

                       

                      車の周りをウロウロしている。

                       

                      どうやら乗り込もうとしているらしい。

                       

                       

                      どの扉も空いていないことがわかると、

                       

                      ドアに前脚をかけて、飼い主を振り返る。

                       

                       

                      人のような行動を見せるルークに驚きつつも、

                       

                      私は運転できないのだよ、と謝って部屋に戻る。

                       

                      免許とっとけばよかったなぁ〜。

                       

                       

                      ルークはどこかに行きたいのだなと

                       

                      しみじみよくわかった日であった。

                       

                      Luke.【どこでもいいよ】

                       

                      | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                      << | 2/29 | >>