イタグレと。大阪で。イタリアングレーハウンドのルーク&ジーノと飼い主たち。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
かわいい後ろ姿。 21:55
0

     

    LUKE【なに〜?】

     

     

    何かもらえるかもと、オヤツを食べるチビッコの側から離れないルーク。

     

    食いしん坊になったのは、素質と環境。

    | | comments(2) | - | posted by uno-craftman - -
    たまにはお肉。 23:55
    0

      LUKE&JINO【キャ〜!】

       

       

      鹿のお肉をもらって、いつものフードに少し盛る。

       

      犬たちはなぜ茹でている時から、自分たちのものだとわかるのだろう。

       

       

      がっつきすぎて、フードを周りにこぼすのはルークの方。

       

      ジーノは興奮しながらもよく噛んで食べるタイプ。

      | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
      右がダメなら左でしょ。 23:55
      0

         

        JINO【え?!まだ暑くなるの?】

         

        体温の高いジーノは、ルークよりずいぶん暑がりだ。

         

         

        JINO【あそこに犬がいる〜♪】

         

         

        長いリードを使用すると、木にひっかかったり絡まったり、ということはよくあることだ。

        ルークの場合、少々頑固でますます違う方向に行き、ぐるぐると絡まってゆく。

         

        最終的には飼い主が解くのでもちろんいいのだ。

         

         

        JINO【あれ?こっちだともっと絡まるから向こう側かな?】

         

         

        一方。


        ジーノはこういうシーンでは意外と柔軟な一面を見せてくれる。


        飼い主の言葉の意味がおそらくわかっているようだ。

         


        絡まったリードを元どおりにするかのように、逆戻りするのだ。

         

        毎回ではないが、なんとなくすべきことを理解しているらしい。

         

         

        そんなフリーダムなオトコは、木がなくても私によく絡まる。

         

        ただ、それは解こうとは微塵も思わないらしい。

        | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
        チョケやがって。 23:02
        0

          【サメとか宇宙人みたいな瞳のジーノ】

           

           

          ルークの耳の中や裏側をベロベロと舐めるジーノ。

           

          当初は怒っていたが、ルークが悟りを開くのに時間はかからなかった。

           

          無。『ム』だ。

           

          ただ最近はそれも通り越して、

           

          もはや気持ちよくなってきたのではないかと感じさせる表情だ。

           

           

          LUKE【あい、次こっちお願いね〜】

           

           

          とても仲良し男子二匹に見えるが、事実はそうでもない。悪くもないが。

           

          元気を持て余し暴れるジーノに、ルークの困り顔は珍しくない。

           

           

          ルークはチョケるジーノに弾き飛ばされたり、頭や鼻をパチンと手で叩かれたりと、

           

          毎度その若さにため息をつく。

           

           

          ジーノにお尻を執拗に追いかけられ、先輩ルークは尻尾を下げてサササッと早足で逃げる。

           

          ただし気持ちは負けていないのか、ルークはワンワン!抗議をしながら逃げる。

           

          ただ態勢は完全に逃げいてるので、なんだかマンガみたいだ。

           

           

          ただ、そんなジーノはとても甘えた上手なのだ。

           

          生き抜くための長所の一つかもしれない。

           

           

          なんだかほっとけない、とルークは思っていないだろうが、仕方ないと思わされるらしい。

           

          ルークにピタリとくっついて眠る様は可愛らしい。

           

           

          | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
          だいじなひとつぶ。 22:37
          0

            Luke【ん?】

             

            左のほっぺに忘れ物ですよ。

            | | comments(2) | - | posted by uno-craftman - -
            イタグレ仲間との散歩。 12:29
            0

              【犬のイヤがることは熟知しているジーノ】

               

              久しぶりに一緒に散歩したイタグレ仲間ニーナ&アビーに、早速かます我が家の自由な男。

               

               

               

              とにかく普通に歩け。

               

              と思うが、遊びたいオトコが一匹いるだけで乱される風紀。

               

              JINO【ですよね〜】

               

              NINA【ちょっと!】

               

              JINO【ひょっほーい!】

               

               

              キャァ〜と女子二匹の悲鳴が聞こえるようだが、意外と遊んでもらえているジーノ。

               

              リードがあるとなかなか難しいが、ジーノはこの二匹の女子たちは遊んでくれるとわかっているらしい。

               

              遊ばない仔にはそれほど絡まない。ま、定かではないが。

               

               

               

              Luke【ん?何か動いてる】

               

               

              割と大きめの亀が水気のないところモゴモゴしている。植物園からはるばる脱走してきたよう。

               

              こちら側には水はないぞ。

               

               

              「池に入れたるわ〜」

               

              無事、優しいおじさんに連れていってもらえ一安心。

               

               

              【はい、最後に集合写真〜】

               

              帰りたそうな女子二匹に感謝。

               

              ジーノ、ほら行くよ。

               

               

               

              | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
              5月。海ふれのドッグランへ。 17:41
              0

                JINO【あつ〜】

                 

                 

                 

                 

                海ふれで男同士で遊ぶジーノ。

                 

                上手に遊びを覚えていってほしい。

                 

                 

                すぐ熱くなり、すぐ怖くなり、不安そうに飼い主を探したり、と

                 

                ジーノはまさに今、青い時代を生きている。

                 

                犬社会のジョークや加減を色々な仲間と教わればいい。

                 

                 

                JINO【あ♪ルーク、何してんの〜?】

                 

                 

                ランでほとんど絡むことのない二匹は、まるで他人のよう。

                 

                 

                ルークはのんびりといろんな子と飼い主さんに挨拶して、放牧中。

                 

                ランで手のかからないルークは、ありがたい。

                 

                 

                ルークからケンカを売ることもなく、ただ売られたケンカにはきちんと文句を言う。

                 

                そう、やはりジーノよりもルークは真の強さを感じる。年の功もあるだろう。

                 

                 

                LUKE.

                 

                いつもありがとう。

                 

                JINO. 

                 

                これからがんばろうな。

                 

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                 

                 

                 

                二匹が私に預けてくれる重みは心地よい。

                 

                ただ少し、暑くなってきた。

                 

                特にジーノの体温は高い。これも若さかな。

                | お店・ドッグラン | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                強気の裏側。 23:09
                0

                  Luke【ゆっくり寝たいなぁ・・・重いんだけどなぁ】

                   

                   

                  ジーノの怖がりの性格はどこから来ているのだろう。

                   

                  男らしく見えて、かなりのビビリなのだ。

                   

                   

                  バサっとナイロンが揺れるだけで、ビクッと驚くルークだが、

                   

                  ここぞのところで、肝が座っているのはルークなのだ。

                   

                   

                  ジーノにはまだまだ不安定な感じが漂う。

                   

                  怖いゆえに強がって立ち向かってしまうことも。

                   

                  目が粗いザルにもっともっと愛情を注ごう。

                   

                  気持ちを想うと、それぞれの繊細さを思い知らされる。

                   

                   

                  今日はちびっこのピーピーラムネを食べていたジーノ。

                   

                  ピーピー鳴ったのかどうかはわからない。

                   

                  | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                  正確な腹時計。 23:52
                  0

                    Luke【もうすぐじゃない?!フガフガ!】

                     

                     

                    ゴハンの時間になると、ソワソワキラキラするルーク。

                     

                    ルークの腹時計はいつもぴったりだ。

                     

                    こら、テーブルに手を乗せない。

                     

                     

                    【どんどん近づいてくるルーク】

                     

                     

                    ルークのソワソワがうつって、フレームアウトのジーノ。

                     

                    よし、じゃ、ゴハンにするか!

                     

                    Luke&Jino【キャーッ!!】

                     

                    | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                    オヤツタイム。 23:26
                    0

                      【アリーナ席を譲らない二匹】

                       

                      公園にくる楽しみは、仲間に会えること、そしてオヤツをもらえること。

                       

                      JINO.

                       

                       

                      Luke.

                       

                      Jino.

                       

                       

                      長居公園のグラウンドは、週末から始まるオクトーバーフェスト2017の準備中。

                       

                      今年もルークは、ウインナーの匂いに引き寄せられるかな。

                       

                       

                       

                      おやすみ。

                      | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                      << | 2/62 | >>