イタグレと。大阪で。イタリアングレーハウンドのルーク&ジーノと飼い主たち。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
色々詰まったイチゴ。 17:38
0

     

     

    父の文字が書かれた蓋を開けると、

     

    大きなハムではなく、

     

    真っ赤な熟したイチゴがぎっしり詰まっていた。

     

     

    「こんなん書いてどーすんねんっ!」

     

    大阪生まれのチビッコが天井に突っ込むように言う。

     

     

    確かに。

     

    ツッコミ甲斐がある。

     

     

     

    電話で感謝を伝えると、

     

    そこでやっと任務が完了したかのように、

     

    父の安堵の声が聞こえた。

     

     

    イチゴは輸送が本当に難しいようで、

     

    どうしても傷む。

     

    年々工夫されて送られてきて、

     

    今年は全く潰れていなかった。

     

     

    想いの詰まった、

     

    大切に育てられたイチゴたちを飼い主たちはいただく。

     

    うむ、うまい。

     

     

    フルーツは全然食べないのだが、

     

    ジーノはフルーツの香りが気になるようだ。

     

    そこら中に漂うフルーティーな香りをスンスンスンスンかいでいる。

     

     

     

    そして、しばらくすると

     

    誰も座っていないソファの方を向いて、おすわりした。

     

    コワイ。

     

     

    イチゴを頬張る飼い主たちを背に、

     

    ジーノは誰にお座りしているのだろうか。

     

     

    しかし。

     

    そのうち、

     

    あ、と気づいたかのように

     

    くるりとこちらを向いて座り直した。

     

     

    こちらもすごいツッコミどころ満載なのだ。

     

     

    Jino.【てんねん?】

    | - | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>