イタグレと。大阪で。イタリアングレーハウンドのルーク&ジーノと飼い主たち。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
やぁ、フジコ! 23:39
0

    Fujiko, Mao &Jino.

     

    フリークスさんにて。

     

     

     

    お久しぶりのミニピン、不二子参上だ。

     

    九州からはるばるやって来た不二子とママとは、

     

    約1年ぶりの再会となる。

     

     

    相変わらず可愛らしい1人と1匹、

     

    プワァッとその場に花を咲かすような存在だ。

     

     

     

    不二子は少し緊張と疲れもあるだろう。

     

    が、

     

    食べ物がテーブルに運ばれるたびに

     

    くっきり二重のような瞳にグッと力が入る。

     

     

    Mao.【私がまず1個でしょ〜】

     

     

    カツサンドの魅力を知っている真央ちゃん。

     

    目の前のお皿が空になるまでは、眠らない。

     

     

    【ハンバーグ】

     

    湯気までおさめたくなるアツアツジューシーなランチ。

     

    ポテトも美味しい!

     

     

    【アイスクリーム】

     

     

    お腹がいっぱいで満足でも、

     

    このポカポカ天気、どうしても冷たいものが食べたくなった。

     

     

    Luke.【あぁ〜、いいなぁ〜♫】

     

     

    いつもはジーノにオシリをレンタルしているルーク。

     

    そんなルークが不二子ママのオシリを借りて眠る表情は、とても穏やかだった。

     

     

    安心。

     

     

    そんな言葉が思い浮かぶ。

     

    ただ、

     

    そんな心地良さもちょいちょいと途切れる。

     

    ジーノが度々ルークをまたぎ踏むからだ。

     

     

    ジーノ、下見てないもんなぁ。

     

    ルーク、文句言わないもんなぁ。

     

     

     

    そんなジーノは不二子のことが気になるらしい。

     

    唸り声は充分聞こえているはずだが、不二子にグイグイ行く。

     

    ジーノは尻尾を振って嬉しそうだ。

     

    人間ならだいぶ空気を読まない男子となる。

     

    ジーノの尻尾が、パシュ、パシュっとリズミカルに飼い主のほおを打つ。

     

     

     

    承諾いただいたのかいただいていないのか(おそらくいただいていない)知らないが、

     

    ジーノは不二子のお尻に鼻をぴったりくっつけてクンクンしている。

     

    ほんと遠慮のないオトコだこと。

     

     

    懲りずに。

     

    また会える日を楽しみに。

    | お店・ドッグラン | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>