イタグレと。大阪で。イタリアングレーハウンドのルーク&ジーノと飼い主たち。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
アビーとのレスリング。 21:40
0

     

    久しぶりのホヌコーヒーへ。

     

    看板犬のチロメロにも挨拶できてハッピー。

     

     

    ジーノは初めてのカフェにどうしたらいいものか考え中。

     

    どこでも寝れるのび太みたいな子だったが、少し変わって来たのか。

     

     

    カフェ慣れしているルークは、膝上を占領。

     

    自分のものが出てくるのではと淡い期待を捨てることはない。

     

    でも残念ながら出てこない。

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

    今日は久しぶりのドーベルマンのアビーとのレスリング部だ。

     

    コーヒーを飲み終えて、ワクワクしてアビー家へお邪魔したがまさかの展開だった。

     

     

    Jino【チーン・・・】

     

    Jino【シュン・・・】

     

     

    最初はしばらくアビーとジーノは激しい追いかけっこをしたものの、

     

    がっつり組むこともなく、ジーノは少しアビーにビビっているようだ。

     

     

    やっと、わかったのかもしれない。

     

    アビーがバリバリの大型犬で、ドーベルマンだということに。

     

    自分が大きめの小型犬だということに。

     

    アビーの顔にマウントしていた以前のジーノが懐かしい。

     

     

    ジーノは応戦していたものの、バチん!と床に体を打つともう全てが終わったらしい。

     

    心のシャッターがガラガラと閉まっていった。

     

    ソファで大人くしくなり、最終的には瞳を閉じて眠ってしまった。

     

     

    そう、それもこれも。

     

    ジーノが少し大人になったせいか、何なのかわからないのだが、

     

    ルークがいないこともあったのかもしれない。

     

     

    ジーノがレスリング部の間、ルークは犬仲間の真央ちゃんと公園を散歩していたのだ。

     

    しばらくして、ルークをアビー家まで送り届けてくれた真央ちゃんママに聞くと、ルークは落ち着かずソワソワしていたらしい。

     

     

    【アビーママ手作りのオヤツで集合】

     

     

    ジーノは遅れてやってきたルークを見ると、アビーとともに歓迎した。

     

    それはずいぶん喜んでいるように見えた。

     

     

    そのあと、徐々に元気と調子を取り戻したジーノは

     

    また少しアビーと遊び始めていた。

     

    これはルーク効果なのか。

     

     

    【そんなことはつゆ知らず、オヤツタイムだけは存在感を表すルーク&何もしなくても存在感の大きいアビー】

     

     

     

    すぐ他の飼い主さんの膝に乗るルーク。

     

    アビーとジーノのやり合いに、困り顔でファオファオと高音で喋り続けていた。

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

     

    帰宅すると、ルークは定位置で丸くなる。

     

    ジーノはそんなルークになるべく引っ付こうとまとわりつきながら寝転ぶ。

     

    二匹はいつの間にか群れとして、生きているらしい。少なくともジーノはそう思っているようだ。

     

    見えない絆のようなものが少し見えた気がした日だった。

     

     

    また次回のレスリングで。

     

    | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>