イタグレと。大阪で。イタリアングレーハウンドのルーク&ジーノと飼い主たち。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ジーノなりのリスペクト。 22:52
0

    JINO【ッター・・・・・】

     

     

    ・・・・・・・・・・・】

     

     

    体力が有り余るジーノがおもちゃを振り回す。

     

    もうそれはおそろしいほど。

     

    おもちゃを当てられるとめちゃめちゃ痛いので、ルークはさっさと移動する。

     

     

    ジーノは唸りながら振り回し、

     

    最後はなぜだか自身に当たったようだ。

     

    めちゃめちゃ痛かったらしい。

     

    しばらく動かず立ちすくみ、声にならない薄い声をあげている。

     

     

    人がタンスの角に足の小指をぶつけた時のように、静かに痛がる。

     

    こういう時のジーノは目を細めて消え入りそうだ。

     

     

    ジーノは痛い時と、撫でられて気持ちいい時はこういう顔をするのがわかってきた。

     

     

     

     

    ジーノは去勢をしても、ジーノのままで相変わらずだ。

     

    それはルークに対してもそうで、わざと挑発的な態度を取ったり、ルークをえらそうに追いかけ回すこともある。

     

    が、ジーノからはルークに対するリスペクトも感じることができる。

     

    ルークに寄り添う時のジーノはとても幸せそうだ。

     

    | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>