イタグレと。大阪で。イタリアングレーハウンドのルーク&ジーノと飼い主たち。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
石川のたび。 15:31
0

    IMG_0002.jpg

    初日。

    朝6時から近くの木場潟公園を散歩する。

    IMG_0016.jpg

    雲がかかっているが、とてもすがすがしい朝だ。

    IMG_0013.jpg

    水辺が気になるらしい。

    あまり近づくとあぶないぞ。

    IMG_0012.jpg

    ぴょんぴょん跳ねながら、たまにこちらを嬉しそうに振り向く。

    この公園はやはり好きらしい。

    IMG_0008.jpg

    なんでもない桜道も猛ダッシュする。

    おかげで私は5分ほどで太ももがパンパンになった。

    まさかこんなに走るとは。

    クンクンしながら歩いて、そしてまた猛ダッシュを繰り返す。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    IMG_0051.jpg

    IMG_0052.jpg

    IMG_0053.jpg

    ヒャッホー!


    IMG_0019.jpg

    今回の帰省の旅もルークは日中ほぼお留守番になるため、朝夕はこの公園でしっかり散歩する。

    石川の空気は大阪よりもずいぶんひんやりカラリとしていて、過ごしやすい。

    IMG_0023.jpg

    犬にもその違いを肌で感じるのか、心地良いようだ。

    IMG_0130.jpg

    IMG_0127.jpg

    IMG_0124.jpg

    IMG_0136.jpg

    IMG_0135.jpg

    手前は真ガンらしい。最近鳥に目覚めた母が言っていた。

    柵越しにいろんな犬に見られていたが、真ガンは落ち着いている。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    IMG_0106.jpg

    今回はチビッコとどこに行こう。

    ボク恐竜コワイ、とカタコトで先手を打たれたため、福井の恐竜博物館は候補から消えた。残念。

    IMG_0120.jpg

    金沢から初の新幹線に乗る。

    区間によって名前は変わるが、チビッコにすればどれも『かがやき』なのだ。

    IMG_0114.jpg

    ホームに到着したかがやきの運転手が、チビッコに手を振ってくれる。

    周りのオトナたちのほうが色めき立って、全力で手を振り替えす。

    子供じゃなくても嬉しいものだ。チビッコも照れながら嬉しそうに振る。


    IMG_0116.jpg

    新幹線・つるぎに乗って、20分ほどで富山に到着。

    富山では路面電車に乗って、街中をぐるりとする。

    目的地はない、乗ることが目的なのだ。白エビの天ぷらを食べてまた新幹線で戻る。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・

    夕方実家に戻ると、昼寝に飽きましたよというルークが部屋の片隅に居た。

    次は君の番だ。

    IMG_0098.jpg

    左右の盛られたような不自然な土は、もぐらの掘った箇所だ。

    けっこう大きいもぐらなのかもしれない。

    IMG_0100.jpg

    はしる、はしる、かぐ、クモの巣を顔にひっかける、はしる、かぐ。

    IMG_0082.jpg

    今回もカヌーの大会が近いのか、潟では練習中。

    IMG_0080.jpg

    天空の城があってほしいなと思う。

    IMG_0078.jpg

    一番先のほうでなにやら音がする。

    我が家のイタグレが気になって行くと、居たのは風を受けながら尺八を吹くおじさんだった。

    しぶい。

    RPGだと、なにかのヒントをくれたり間違いなくキーマンなはずだ。


    IMG_0076.jpg

    溢れ出す水が生き物に見えるのか、落ち着きが無い。

    近づいたり、離れたりを繰り返し、ほうっておくと落ちそうだ。

    ルークにとってはあやしいようだが、ルークのほうがあやしい。

    IMG_0077.jpg

    クレソン畑の橋を渡って、

    IMG_0131.jpg

    落ちた。

    クレソンの下は水なのだ。

    IMG_0075.jpg

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    IMG_0063.jpg

    毎回、この遊具で遊ぶと吠えて追いかけてくる。

    飼い主が連れて行かれると思うのだろうか。

    IMG_0066.jpg

    追いかけて、

    IMG_0067.jpg

    なんとか連れ戻そうとする。

    ただし、

    これはダンナさんの時だけで、私が遊具に乗っても来てくれない。

    ・・・。

    なぜか満足げなダンナさんと少し寂しい気持ちになる私がいる。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・

    IMG_0145.jpg

    最終日の朝。

    IMG_0144.jpg

    放射冷却であたりは冷え込んでいる。

    大阪に戻って来て、湿度と気温の高さに体がおどろいた。

    ルークもお疲れさま、自分のベッドで舌を出して眠っている。

    ・・・・・・・・・・・・

    「犬も一緒か?」

    父は帰省の前の電話で毎回聞いてくる。ちなみに・・・といった感じでなにげなく。

    私はかぶせ気味に「もちろん」というのだが、犬嫌いというよりも怖いらしいので仕方がない。

    だがルークはそんな父のことが好きなようで、今回もピョンと行こうとしてはよけられていた。

    しかしまた次回もいっしょに。
     
    | 旅行 | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>