イタグレと。大阪で。イタリアングレーハウンドのルーク&ジーノと飼い主たち。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ぐやしい〜。 22:54
0

     

     

    Luke.【キッ!】

     

     

    お腹が減っているときのルークは、怒るタイミングが早い。

     

    ジーノが近づいて少しチョケようものなら、ワンワン連呼攻撃だ。

     

    そのボリュームのある声にこちらもビクッと驚くほどだ。

     

    ルークは家ではほとんど吠えることなどなかったのだが。

     

     

    この写真は、ジーノが一方的に絡んでいるというよりも、

     

    その早さに対する理不尽さに、ジーノが反論している、

     

     

    のだろうと飼い主は勝手に思った。

     

     

    同じことをしても怒らない時もあるのに、なんで今は怒るの?!

     

    といった感じのジーノの心の叫びも聞こえてくる。

     

     

    とはいえ。

     

     

    普段のジーノがなかなかのメンドーな絡み男なわけで、

     

    『ボクは普段ガマンしてるんです!』

     

    というルークの声も聞こえてくる。

     

     

    ついつい、ルークに

     

    「そやなぁ〜、ルーク」と同感を示すと

     

    キュンキュン悔しいような声を出しながら、さらにジーノにムキムキなるルークであった。

     

    Luke.【キュ〜ッ!!】

     

    ゴマちゃん。

    | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
    Happy Birthday!!Luke.7 23:20
    0

       

      ルークは今日で7歳を迎えた。

       

      これからもよろしく。

       

       

      そのお祝いか、いつも以上にジーノはルークにべったりだ。

       

      Luke.【これお祝い・・・?】

       

       

      父ではなく、まるで母のようなルーク。

       

      ジーノは甘えている。

       

       

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       

      Luke.【きゃ〜!】

       

       

      今日の夜ご飯は、いつものフードを半分にして、野菜と肉をのせる。

       

      こんなに可愛いルークだが、

       

       

       

       

      美味しいようだ。

       

      いつも以上に表情に迫力がある。

       

      まだまだ食いしん坊でいてください。

      | | comments(2) | - | posted by uno-craftman - -
      ジーノ、ふらつく。 23:15
      0

        ジーノは暑さに弱いことがわかってきた。

        おかげで、ルークが比較的暑さに強いこともわかった。

        比べる対象がいなかった昨夏までは、イタグレはエジプトにもいたようだし、

         

        と日本生まれ日本育ちのルークにザックリとした印象を持っていた。
         

         

         

        ある日、ジーノは近場の公園に行く途中、その道中でふらふらと脚元がふらつき、倒れそうになった。

        ギラギラした太陽は顔を出しておらず、曇天。ただし、湿度はある日だった。



        急いでペットボトルのお水をジーノの全身にぶっかける。


        瞬く間に復活したジーノは、ルークにちょっかいをかけ、またグイグイと前に進む。

         



        今のはなんだったのだと思うが、

         

        体温がルークより2度弱ほど高いジーノには、夏は苦手なようだ。とくに大阪の夏は。

        その日以来、夜でもお水をかけかけ散歩するジーノ。

         

        ルーク用の夏服をビッチョビチョにピッチピチに着こなしている。

         

        Jino. 
         

        | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
        みんなのうたごえ。 23:30
        0

          【短い歌声からどんどんロングトーンになるジーノ】

           

           

          ちびっこがメロディオンを吹く。

           

          もれなく、ジーノが遠吠えする。

           

          もれなく、ルークが鳴く。

           

           

          みんな歌っている。

           

           

          が。楽しくメロディオンを弾きたいちびっこは、

           

          切なさ全開の2匹の歌声に納得いかないようだ。

          | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
          おつかれちゃん。 23:47
          0

            【まずはルークから】

             

             

            散歩の途中で、ヤギミルク休憩。

             

            だいぶ薄めたもので充分な2匹。

             

            【意外と待てるオトコ、ジーノ】

             

             

            【ジーノが飲む間、訴え顔のルーク】

             

             

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             

             

            【おつかれちゃんシリーズ】

             

             

            おそらくフレデリック。赤い花はどこいったかね?

             

            ジーノのお気に入りの一つだ。

             

            | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
            ルークのサイン。 23:35
            0

              Luke.

               

              ん?

               

              んん?

               

              【ルークからの謎のサイン】

               

               

              なんだろう?ルーク監督。

               

              折り曲げた左脚に折り曲げた右脚をのせ、こちらに送り続けるルーク。

               

               

              で、その耳。壁側だけ立てて。なかなかの複雑さだ。

               

               

              ダンナさんが言う、あれはジョジョ立ちに値する、と。

               

              ほんまかいな。

              | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
              父、先手を打つ。 22:13
              0

                実家の父から電話があった。

                用件はわかった。

                 

                夏の帰省時に犬2匹はちょっと多い、ということだった。



                父の犬苦手がわかったのは、最近のことだ。

                 

                実家の犬が15年ほど生き抜いて、さらに20年ほど経っているから驚きだ。

                 


                犬2匹はムリだが、犬1匹ならいいらしい。

                 

                つまりはルークはオッケーだ。

                 

                Luke【ボク、OKですか?】

                 

                 

                ルークは何度か一緒に帰省して、かなりの良いコぶりを見せ実積もある。


                しかし、まだ見ぬジーノ。ルークよりでかいジーノ。

                 

                娘から口頭で聞くだけでもヤンチャな新入り。

                 

                父は先手を打つ。

                 


                というわけで。

                 

                ジーノは足を踏み入れたこともないまま、現時点で実家は立入禁止となってしまった。

                 

                Jino【エ?】飼い主のスリッパを振り回して、今日もやってくれるジーノさん。



                確かに。

                 

                今朝も起きると、リビングにあった子供のプラスチックのブロックが、見たこともないアートになっていた。

                 

                 

                小さい子にはしないのだが、父親にはまず挨拶がわりのハイジャンプ、

                 

                もしかするとハイジャンプアタックをお見舞いするかもしれない。


                犬は苦手なのに、犬を引き寄せるタイプの父は、仰け反りかえることだろう。

                 

                 

                うむ、今回は留守番組だ。

                 

                サムデイ、ジーノ。

                | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                暑い散歩の後は。 23:28
                0

                   

                  ジーノは初めてのスイカ。

                   

                  小さくガジガジしては、口の端から実が落ちる。

                   

                   

                  スイカが大好きなルークは、

                   

                  ステイしているつもりがペロペロと舌は動き、本犬も止められない様子。

                   

                   

                  ガブリ!

                   

                  実家から送られてくるスイカに感謝。

                  | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                  ボクのふうせん。 23:06
                  0

                    Jino.

                     

                    ボールが好きなジーノは、風船も好きだ。

                     

                    飼い主が風船を膨らまし、口を結ばず手で押さえパッと放す。

                     

                    ブシュ〜ン!と予想もつかない動きをするイキモノに大興奮だ。

                     

                     

                    「はい、ジーノ!」と丸い風船をふんわりパスすると、

                     

                    案外上手に鼻先でポンと飼い主に弾き返してくる。

                     

                    それが何度か続く。

                     

                    ん?

                     

                    ただよく見ると、鼻でポンというより、口でムキっといった感じだ。

                     

                     

                    Jino.【こいつめ〜!】

                     

                     

                    案の定、何回かラリーが続いた後、風船はジーノの口元で大きな音とともに弾けた。

                     

                    少しもびっくりしないジーノと、僕のだよ!と泣いてジーノに怒るチビッコ。すまん。

                     

                     

                     

                    ちなみに、ルークは風船が怖くて苦手なので、風船が出てくるとすぐ部屋を出て行く。

                     

                    すまん。

                    | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                    散歩後。 23:11
                    0

                       

                      散歩から帰って、涼む二匹。

                       

                       

                       

                      そのうち、ジーノは遊び暴れ出し、

                       

                       

                      ルークはオヤツを求む。

                       

                      右耳はジーノに舐められ、くるんとなった様子。

                      | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                      | 1/23 | >>