イタグレと。大阪で。イタリアングレーハウンドのルーク&ジーノと飼い主たち。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
読めないオトコ。 23:39
0

    JINO.

     

     

    何を考えているんだろう?

     

    怒っているのかな、怖がっているのかな。

     

     

    ジーノのクリクリの瞳には、何も見えないことがある。

     

    シンプルなようで、なかなか読めないオトコなのだ。

     

    人に似たような表情を見せるルークとは異なる。

     

     

    ジーノはなぜだか朝ご飯を食べない時がある。

     

    そのくせ、もりもり食べているルークにすごい表情で怒ったり、

     

    しばらくするとゴハンを食べたり、と。

     

    ジーノのペースは我が家では独特に映ることがある。

     

     

    ただ、本当に嬉しい時は心底伝わってくる。

     

    それがとても嬉しいし可愛らしい。

     

     

    | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
    練習風景。 23:52
    0

      Jino.【なんか頭あったかいねん】

       

       

      ルークの入院中に一度お邪魔して、初めての被り物に挑戦してみたジーノ。

       

      ビビっていたが、被ってしまえば意外とできるオトコ。

       

      これならハロウィン撮影もできるかな。


      というか真央ちゃんママの手慣れた被せ方が上手なのだろう。

       

       

      IMG_7707.JPG

      Luke&Jino.【キャ〜!!ケイタリング〜】

       

       

      後日。

       

      撮影の日の裏の様子。

       

      合間のご褒美に、心も体も踊る。

       

       

      行儀の悪さをルークから学んだジーノ。

       

      やはり後輩は見ているのだ、先輩の姿や行動を。

       

      ルーク先輩、頼んますー。

      | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
      ハロウィン2017. photo by maoppa! 21:30
      0

        Luke&Jino.

         

        まずはラ。

         

        P1140211.jpg

         

        今日はミニピンの真央ちゃん家にお邪魔して、ハロウィン写真撮影をしていただく。

         

        昨年はジーノが我が家に来たばかりで、かなりハッスル野郎だったため、来れず。

         

         

        今回はルークの元気な顔も見てもらいたいのもあった。

         

        ルークの快気祝いにご馳走をいただく。

         

        P1140217.jpg

        【キャ〜!!ウマウマ!】

         

         

        もうそれはガツガツと。

         

        普段ゆっくりのジーノもかなり大口だ。

         

         

        P1140287.jpg

        Jino.【ゲフ〜♪】

         

         

        満足したジーノはなかなかいいモデルとなる。

         

        P1140310.jpg

         

        衣装に慣れているはずのルークだが、ギャラのオヤツのことが気になってソワソワが止まらない。

         

        それにひきかえ、固まっているほどのジーノ。

         

         

        年々バラエティに富む衣装や小道具にセット。

         

        子供撮影スタジオのごとく、手際のいい真央ちゃんママが2匹に服や帽子を付けていく。

         

        その瞬間瞬間を目線を色々向けさせ、撮影していく真央ちゃんパパ。

         

         

        P1140332.jpg

        Jino&Luke. Halloween2017

         

        お気に入りの一枚。

         

         

        P1140343.jpg

        Luke.【ウ・・・?ウーピー?】

         

        今年最高傑作の真央ちゃんも一緒に。

         

        衣装はママの手作りだ。

        P1140404.jpg

         

        P1140354.jpg

        all photos by maoppa.

         

        ありがとうございました。ハッピーHalloween。

        | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
        ルークと実弟ソルの初対面。 10:32
        0

          ん?じぶん?

           

          なんだか、懐かしいような・・・

           

           

          そうでもないような。

           

           

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           

          兄と弟はそっくりだ。

           

          この日、初めて本当の兄弟に会った。

           

          2匹の様子はなかなか面白く、お互い親近感があるのか、犬見知りの弟ソルもルークに馴染んでくれた様子。

           

          申し訳ないが、まずは兄弟水入らずの対面にしてあげたいため、我が家の実生活の弟ジーノは留守番だ。

           

          間違いなく、「オレオレ!」と間に入り、ドヤ顔でかます様子は安易に想像できる。

           

          ソルはとても怖がりだと聞いていた。

           

           

           

          【Sol】どう見てもルーク。

           

           

          【Sol】若々しいソル。2歳頃のルークを思い出す。

           

          【Sol】体の模様は多少違えど、それはもうそっくり。

           

           

          【Luke】兄のルーク。同じ7歳だがソルと比べると若干おじさん感がある。

           

           

          カフェに入ると、店員さんの方しか向いていないルーク。

           

          遠くから来てもらいやっと会えた弟くんともあっという間の時間、また今度はゆっくり散歩しよう。

           

          その時は我が家の暴れん坊将軍も交えて。

           

          ジーノのことを思い出すと、自然と半笑いになる飼い主。

           

           

          帰宅すると、颯爽とやってくるジーノに、めちゃめちゃ匂いを嗅がれるルークであった。

           

          誰にあったん?何して来たん?どこであったん?

           

          Jino.【オレのルーク!な〜】

          Luke.【・・・】

          | | comments(2) | - | posted by uno-craftman - -
          食いしん坊復活。 23:11
          0

            Luke.【これ、いつ取れるのさ?!フガッ!】

             

             

            先週は抜糸ではなかった。

             

            飼い主たちに覚え違いにより、ぬか喜びさせられたルーク。すまぬ。

             

            病院では、経過の診察を受け、貧血も問題なさそうとのことで一安心。

             

             

            抜糸は、いよいよ今週末だ。

             

            これはほんとう。

            | | comments(2) | - | posted by uno-craftman - -
            ルークの手術が無事終わる。 21:49
            0

              LUKE.【・・・うぅ】

               

              たまに歩いても、しんどくなってその場で座り込んでしまうルーク。

               

               

              JINO.【どうしたん?ルーク】

               

               

              何かを感じて、ルークの隣に座るジーノ。

               

              が、じっとしていないためルークの脚を踏んだり、顔に当たったりとどうしても大雑把さが出る。

               

               

              今回のこのルークのしんどさは、その日の夜に明らかになる。

               

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               

               

              ERの先生が言うにはこういうことだった。

               

               

              脾臓にできた腫瘍が傷つき、内出血していたのが原因だった。

               

              そのまますぐ秘蔵の全摘手術が始まった。

               

               

              無事終わった深夜1時ころ。

               

              麻酔から少し目が覚めたというルークをひと目確認して飼い主たちは一旦自宅へ帰る。

               

              朦朧とした意識の中、貧血もありガタガタ震えて横たわるルークを思い出しながら眠りについた。

               

               

               

              JINO.【どこ行ったのかなぁ】

               

               

              ルークと飼い主たち皆が突然夜出ていき、初めて一人っきりでの留守番を体験していたジーノ。

               

              不安だっただろう。

               

              何も悪いこともせず、深夜帰ってきた飼い主たちにボールを持ってくる。

               

              グッボイ。

               

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               

               

              LUKE.【出たい!気づいたらこん中で〜、出たいんですけど〜、なんかお腹が〜】

               

               

              翌日。

               

              術後の経過の話も含めて再度来院。

               

              1日ぶりに会うルークは、調子が悪かった時とは違い、顔色も良く元気なように見えた。

               

               

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               

              Luke.少し元気になってきたルーク

               

               

              その3日間、無事退院となり我が家に帰ってきた。

               

              ジーノは驚きを隠さない。

               

              ルークに対するクンクンとエリカラに対する警戒心ったらなかった。

               

               

              ルークは傷口を舐められないが、ジーノが舐めるのでは・・・?

               

              ジーノにもエリカラが?と思ったが、そこは大丈夫だった。

               

              ジーノのエリカラへの恐怖心により、ルークへ思ったほど近づかない。

               

               

              気になるのは、全く笑顔を見せないルーク。

               

              しんどいのだろうなと思う。ひたすらじっと眠っている。

               

               

              そんな日が2日ほど続いたが、徐々に良くなって行き、そのうち伸びをしたり、オヤツをせがんだり、

               

              ゴハンをしっかり食べるようになりと、どんどんルークらしさが垣間見れた。

               

               

              明日は抜糸の予定だ。

              | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
              ルーク、おかえり。 23:57
              0

                Luke.

                | | comments(2) | - | posted by uno-craftman - -
                わからない飼い主。 09:43
                0

                  LUKE.【なんでボクを置いて行ったの…】

                   

                   

                  LUKE.【…グスン】

                   

                   

                  LUKE.【プルプルプル…】

                   

                   

                  毎朝、飼い主が出かける前に2匹を連れて短い散歩に行く。

                   

                  「散歩行くよ〜!」

                   

                  と、声をかけるといつもは競って玄関に行く2匹だが、今日はいくら呼んでもジーノしか来ない。

                   

                  ルークは何をしてるのかと、見に行くがソファに丸まりこちらをじっと見ているだけで、動こうとしない。

                   

                  外は小雨が降ってきている。

                   

                   

                  あぁ。

                   

                   

                  小雨の匂いをかぎつけたルークは、今朝は散歩に行かないということなんだな。

                   

                  たまにあるのだ。

                   

                  もう一度誘ってみるが、こちらを見ているだけのルーク。

                   

                  とりあえず、雨でもノリノリのジーノだけを連れて散歩に行った。

                   

                   

                  そして。

                   

                  帰ってきたらルークは小刻みに震えて、写真の表情だった。

                   

                   

                  え?!

                   

                  行きたかったの?

                   

                   

                  JINO.【そーやで。ルークかわいそうやし。】

                   

                   

                  いつも散歩後にちょけるジーノも、ルークに絡もうとせず大人しくルークを見守る。

                   

                  この後、ジーノはルークに寄り添って丸くなった。

                   

                  LUKE.【わたくしもオヤツいただいていいんでしょうか…】

                   

                   

                  ルークは普段なら大はしゃぎのヤギミルクも、全く口をつけずプルプルと震えている。

                   

                  体調が良くないのか、どうなのかわからない。

                   

                   

                  まるで散歩に行ってないから、もらえないと思っているようだった。

                   

                  今度からはもう少ししつこく誘ってみようと思う。

                   

                   

                  なんだか朝から寂しげなシーンだった。

                   

                   

                  「もう働いていないから。」

                   

                  と、何十年も吸っていたタバコを定年を機にすっぱりやめた父親のことをふと思い出した。

                   

                  | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                  遊ぶということ。 16:06
                  0

                    今日も蒸し暑い長居公園。

                     

                     

                    Luke.【まるで見張り中のデカ】

                     

                    じじむさい渋さが滲み出てきた。

                     

                     

                    【我が家の暴走イタグレにより、混乱する5匹の男子たち】

                     

                     

                    仲間が集まるところに久々に行って、ジーノは喜びで大興奮。

                     

                    ルークはベンチで休憩中。

                     

                     

                    【ジーノはとにかくジャックが大好き】

                     

                     

                    誰とでも上手に遊べるジャックラッセルのジャック君。

                     

                    誰も相手にしてくれなかった一年前も、ジャックだけは上手に遊んでくれたことを

                     

                    ジーノは覚えているのかもしれない。

                     

                     

                    とにかく、ジーノは大好きでオヤツよりジャックなのだ。

                     

                    Jino.【きゃ〜、楽しかった〜!また遊びたいなぁ】

                     

                     

                    ジャックの優しさに今日も勉強させてもらったジーノ。

                    | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                    おかげで耳がピカピカなのだ。 22:56
                    0

                       

                       

                       

                       

                      LUKE.【・・・】

                       

                       

                       

                      ルークはゆっくり寝たいのだが、ジーノは体温の高い長い舌でルークの耳をなめ続ける。

                       

                      ルークの頭だけがなめられる度に、ゆらゆらと軽く揺れる。

                       

                       

                      定期的に耳掃除をしないといけなかったルークの耳は、

                       

                      ジーノが来て以来、ピカピカなのだ。

                       

                       

                      ストレスはあるだろうが。

                      | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                      | 1/25 | >>