イタグレと。大阪で。イタリアングレーハウンドのルーク&ジーノと飼い主たち。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
オヤツタイムはもりあがる。 10:57
0

    Jino.【タラ〜ッ】

     


    ジーノの耳元でそっと囁く。

     

    人には聞こえないくらいの

     

    ウィスパーボイス。

     


    「牛タン、する?」

     


    肩を抱いて、

     

    ムダにセクシーに言ってみる。

     

    本当にムダだ。

     


    ジーノはピクッとして、

     

    も、もう一度言ってくれ、

     

    とプルプル言う。

     

    もちろん、何度でも。

     


    そ、それは、まことですか⁈

     

    目をまん丸にして、

     

    ペロリと舌なめずり。

     

     

     

    飼い主が立ち上がると、

     

    ヒャッホーイ!

     

    と後ろから喜びのジャンピングキックを

     

    お見舞いされる。

     

    うむうむ、ありがとう。

     


    オヤツの際も盛り上がる

     

    犬と飼い主であった。

     

    | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
    頼りになる飼い主。 11:26
    0

      Jino.

       

      大きな公園を一周して、家に戻る。

       

       

      飼い主は一息つきたいところだが、

       

      まだまだ遊びたいジーノは、

       

      ボールを飼い主のもとにもってくる。

       

       

      「ホイ!」

       

      ボールをジャンピングキャッチ後、

       

      まるでハフハフと熱いおでんを頬張るように、

       

      ボールをブイブイ言わせる。

       

       

      ブタのボールの悲鳴が部屋中に響き渡る。

       

      もうそれぐらいにしてあげて。かわいそう。

       

       

      そしてまた飼い主に投げてくれ、

       

      と持ってくる。

       

       

      コロコロとボールが、


      ソファの下に転がりこんでしまうこともよくある。

       

      ジーノはソファの下を覗き込むも、


      届かないらしい。

       

       

      クイッと飼い主のほうを振り返り、


      お願いします、と言う。

       

       

      「よし、まかせておけ。」

       

       

      飼い主はいったん部屋を出て、

       

      クイックワイパーを片手に颯爽と現れる。

       

      Jino.【キャ~♪】

      | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
      ありがとう、ともだち。 11:04
      0

         

        鳥たちの声が軽やかに聞こえ、

         

        寒さの中ではあるが

         

        一歩ずつ春に近づいているのだな、

         

        と感じられる。

         

         

        町の小さな公園でも、姿は見えねど

         

        ほ〜、ホーホケッキュッ

         

        と鶯の練習が聞こえる。

         

         

        音のする方角を当てようとするが、

         

        これが全然わからない。

         

        あるのは電柱だ。

         

        んなハズがない。

         

        Jino.【届け〜!オレの想い】

         

         

         

        Setsuko.

         

        大切な犬仲間が旅立ち、1週間ほどが経つ。

         

        ルーク、よろしくたのんます。

         

        Luke, Jino, Fujiko, Setsuko & Fujio. 2016

        | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
        ぽかぽか。 12:26
        0

          Jino.【〜♪】

           

           

           

          今日の海ふれは、ランの中は犬と人でたくさんだ。

           

          周りをゆっくり散歩する。どんどんポカポカと暖かくなってきた。

           

           

          Jino.【コタツお願いします〜】

           

           

           

          そこで寝るんかいな。

           

          今日は中に入るほどではないらしい。

           

          おかげさまでふとんがジーくさくなってきた。

           

          | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
          マグネシウムパワー。 23:54
          0

            Jino.【今日さむぅ〜】帰るとなぜかジーノがベッドごと床に。

             

             

             

            「これ良いらしいよ。」

            と実家の母から、

            マグネシウムが送られてきた。



            母手作りのメッシュカバーに、


            小さなマグネシウムの粒が入った

             

            手のひらサイズくらいのものだ。



            中は見えないが、

             

            触ると小さな粒が手の中でコリコリとすれ違う。



            洗濯機に入れたり、お風呂に入れたり、


            いろいろキレイにしてくれるらしい。

             


            乾燥機は絶対ダメなので、気をつけて


            という母の文字と、


            その他説明をプリントしたものが

             

            付けられていた。

             



            早速ちびっこがお風呂にポイと

             

            その袋を投げ入れて、


            ドブンとつかる。



            「なんとなくあったまる〜」とか、


            「なんとなく肌がツルツルする〜」とか、


            「お湯がまろやか〜ん」とか

             

            言っている。



            ふぅーん。

            ま、私も後で、、、

             



            「あー!きもちえぇわ〜。」
             

             

            そんなにか?と

             

            洗面所で洗濯物をたたみながら、


            浴槽のちびっこをふと見る。

             



            天井を向いて、


            湯船にプカァ〜と浮いた自分の体に、


            その手作りのものを乗せている。



            おい、股間に乗せるな。


            君の祖母は、そんなために作ったのではないぞ。

             

             


            お風呂から上がると、


            実家に電話をして、

             

            自ら考案した新しい使い方を教え勧めている。



            受話器越しに我が母の


            シャッシャッシャッシャッ、


            というケンケンのような、


            聞き覚えのある笑い声が

             

            もれ聞こえている。

             



            うむ、それをまた洗濯機に入れるのか。


            ま、きれいにしてくれるか。

             

             

            Jino.【??】

             

            | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
            舞。 11:24
            0

              Jino.

               

              ぐっともう一段階冷え込む前に散歩。

               

              このまま春かなぁと思っていたが。

               

               

               

               

              Jino.【・・・!】

               

               

              思い通りにいかないイライラは、肉のおもちゃを振り回して表現する。

               

              雨乞いのような舞が始まるが、

               

              それを写真におさめようとすると、やめてしまう。

               

              ジーノなりに写真NGの儀式なのか、

               

              写真=オヤツをもらえる!の期待なのかは、

               

              わからない。

               

               

              結局、スマホには似たような写真が残っていくのだが、

               

              心にはいろんな表情が毎日積もっていく。

               

              | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
              約束のない出会い。 11:36
              0

                 

                 

                Jino.【果たし状を受けて待つ、かのやう】

                 

                 

                Jino.【キョロキョロ】

                 

                 

                散歩で友達に会えるか否か。

                 

                ジーノにとってとても大きなことらしい。

                 

                犬好きな犬には、散歩の満足度が大いにちがってくる。

                 

                結局、だれにも会えず家路につく途中、

                 

                バニラ&マロンにバッタリ。

                 

                3匹が駆け寄り合う姿は、まるで何年ぶりかの再会のようだった。

                 

                リセット感がすごい。

                 

                 

                Vanira, Maron & Jino.

                 

                 

                バニラ&マロン母手作りのジャーキーに、

                 

                ジーノもすっかりとりこ。

                 

                呼ばれるとすぐ行き、愛想を振りまく。

                 

                オヤツの力は偉大だ。信頼。

                 

                3匹【まだあるやん、ちょーだいや】

                 

                 

                残すことを知らない犬たち。

                | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                家ではボール遊びが一番。 13:13
                0

                  Jino.

                   

                   

                  昼はジップを開けてマット使い、

                   

                  夜は閉めて、ロールクッションに。

                   

                  そして、少し暑いのかはみ出るジー脚。

                   

                   

                  【アシカ??】

                   

                   

                  ここ数日の雨で、近所の公園をうろつくしか出来ず、

                   

                  ジーノの体力は余っている様子。

                   

                   

                  ボールでもするか?と声をかけると、

                   

                  キョロキョロとあたりを見回して、

                   

                  イソイソとブタのボールを持ってくる。

                   

                  プゥプゥ。

                   

                   

                  コタツをOFFにしてぐいっとどかす。

                   

                  ジーノのスイッチはONに。

                   

                   

                  空中でブタをキャッチして、プゥプゥと鳴らしながらもってくる。

                   

                  何度も何度も繰り返し。

                   

                   

                  飼い主も、

                   

                  ジーノうまいねぇ!グッド!すごいやん!

                   

                  合いの手でほめまくる。

                   

                   

                  さらにジーノのテンションは上がり、ますますプゥプゥ言わす。

                   

                  ホメとプゥプゥが埋め尽くすこの時間、おもしろい。

                   

                  犬のドヤ顔もかわいらしい。

                   

                   

                  しかしそんなに長くは飼い主が続かず、すぐ休憩となる。

                   

                  雨の日はこんな繰り返し。

                   

                   

                  | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                  誰もいない雨上がり。 09:30
                  0

                     

                    雨上がりの公園。

                     

                    夜から朝にかけて、 サラサラと雨が降り続いた。

                     

                     

                    自分の田舎では、雨がすごく降っていることを、

                     

                    『 ザーザーぶり』 と言う。

                     

                     

                    大阪では、『ザザぶり』 と言う。

                     

                    なんか違うなぁ、

                     

                    イメージはもっとこうザーッと降ってる感じなのだが、、、

                     

                    と、未だにしっくりこないもののひとつだ。

                     

                     

                    まいい。

                     

                     

                    雨上がり、まだ微妙な感じ。

                     

                    もしかしたらまだ一雨くるのか、

                     

                    といったときの公園は当然ながらめちゃくちゃすいている。

                     

                     

                    まさしくオレの公園、

                     

                    ジーノは ウッヒョーイ!と体全身で風を感じ、跳ねて走る。

                     

                    根底はここだなと思う。

                     

                    本能が走ることを求め、 自然や生き物に興味津々。

                     

                    電磁波に囲まれながらも、

                     

                    日々を感じさせてくれるのはキミのおかげだ。

                     

                     

                    Jino.【・・・】

                     

                    スマホをむけると振り向いてくれない氏。

                     

                     

                    Jino.【へへ、ペロペロ】

                     

                     

                    帰ってオヤツにするか、と声をかける。

                     

                    犬だなぁ、最高。

                    | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                    オレの。 09:10
                    0

                       

                       

                      最近は歩いての散歩がほとんどで、

                       

                      久しぶりにここ数日走った。

                       

                      それだけで、ジーノの脚はムキっとなってきている。

                       

                       

                      それでもこの暖かい冬とお値段以上のコタツのおかげで、

                       

                      昨年よりも引き締まらないのは事実。

                       

                       

                      体はあったかいのがいい。

                       

                      //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

                       

                      Jino.

                       

                      知ってる。

                       

                      Jino.【オレの肉】

                       

                      知ってるよ。

                      | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                      | 1/40 | >>