イタグレと。大阪で。イタリアングレーハウンドのルーク&ジーノと飼い主たち。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
日々。 14:38
0

    Jino.【ん〜?】



    飼い主のどちらかの手の中に、


    オヤツがある。


    どっち?


    この二択で間違え続ける確率もなかなか。


    ジーノ、ある種すごいな。



    Jino.【だって〜】



    早朝寝ていると、

    リビングから呼ぶ声がする。


    ワン!


    はっきり目にひと鳴きし、あとは待つ気配。



    おいジーノ。


    朝ごはんには早いし、なにかあったのかなと


    リビングに入ると、


    ソファからベッドや毛布がズレ落ちている。


    眠れないとのこと。


    そのズレ落ちた所で、あと少し寝ておくれ、と思いながら、ベッドを直す。



    ベッドメイクが完了すると、


    お気に入りの小さなクマを咥えて、


    ベッドでクルクルとまわりながら定位置へ。


    毛布にくるまり、ふぅ〜っと安心した吐息が聞こえる。


    そしてまた寝た。



    Jino.【なんやったん?】



    インフルの影響は長引き、


    体力が戻るのにも時間がかかった。


    いつもなら少しの合間でも散歩に、


    と思ったがなかなか。


    ジーノには申し訳なかったが、


    かなり一緒にグウタラしてくれた。

    | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
    つまらない。 14:41
    0

      Jino.【諦め、謎、怒り】

       

       

      飼い主たちが撃沈、散歩に行けず。

       

      たいそう退屈な表情を隠さないジーノ。

       

       

      表情のない様子でリレンザを吸引していたボスは、まだ寝ている。

       

      ジーノからすると、何事なの?!という感じだ。

       

       

      Jino.【困惑】

       

       

      随分元気になったちびっこが、

       

      UNOをするが母と2人では面白さもイマイチ。

       

       

      ジーノにもカードが配られ3人で。

       

       

      ちなみに、

       

      UNOはジーノは2位で抜け(もちろん私が)、言い出しっぺのちびっこがビリで、ムキーっと怒っている。

       

      次はルークとする!とのこと。

      | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
      No TITLE. 22:12
      0

         

         

        Jino & Mao.【真剣な2匹の眼差し。もちろんオヤツ】

         

         

        久しぶりの公園で、

         

        いつもよりマーキングも激しい。

         

         

        逆立ちしてマーキングする様子をみると、

         

        相当残したいようだ。

         

         

        Jino.【ルークの公園やろ〜】

        | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
        ボール遊び。 21:10
        0

           

           

          マボロシのような水色のボールと、

           

          それにかぶりつく、筋肉質の茶色。

           

           

          飼い主は、投げる。

           

          そして構える。

           

          私のスマホのシャッタースピードでは、

           

          こんな感じ。

          | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
          イタグレズ。 14:12
          0

             

             

             

             

            プツンとも言わず消えた、我が家のテレビ。

             

            4K8Kとかいう平成最後の年に、

             

            我が家の10年目迎える24インチは

             

            静かに最期を迎えた。

             

            これが良かったんやけどなぁ。

             

             

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             

            Abi , Vanira & Maron.

             

             

            朝は冷えたものの、太陽が高く上がるごとに

             

            ポカポカと暖かくなるのを感じる。

             

            今日はイタグレ女子たちと散歩。

             

             

            Abi.【ね、まだ?】

             

             

            とにかく家を出た瞬間から、家路を急ぐアビたん。

             

            それでも久しぶりの一緒の散歩で、公園を一周をする。

             

            いつも以上に空気のような関係のアビーとジーノ。不思議。

             

             

            Vanira & Maron.

             

            会うだけで黄色い声を上げてくれる二匹。

             

             

            Maron & Vanira.

             

            Jino.【イイで〜♬】

             

             

            オッパイを飲むかのごとく、寄ってきてくれる可愛らしい二匹。

             

            もちろんあるはずもなく。

             


            Jino.【ムムム、何奴っ!】

             

             

            スンスンスン、、、フガフガ!!

             

            向こう側を歩くライバル犬に突如鼻がひくつかせるジーノ。

             

             

            結構すぐ近くにいるのだが、間に植木があるとなんとなくごまかせられる。

             

            まるでコントのような状態。

             

             

            Jino.【キーホルダーのような影】

             

             

            オレの公園、オレの街。

             

            今日もやったんで尻尾全開のジーノ氏。

            | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
            ジーノの成長。 14:00
            0

               

              【初々しさがある9か月のジーノ】

               

               

              初めてジーノを見たのは、この写真だった。

               

              まだまだパピー顔のイタグレは、


              どんな性格の子かな?と


              楽しみに会いに行ったのを覚えている。

               

               

              【初めての対面】

               

               

              【我が家に来てすぐの頃】

               


              我が物顔でルークのベッドを占領して爆睡中。


              態度も体も大物の予感。


               

              【フリーダム】

               

               

              散歩中、飼い主が止まって休憩すると、

               

              ジーノもそこらに寝転がって休憩。



              どこでも寝転がることができることにも驚いたが、


              その大地を感じるような行動に、


              野生的な美しさも感じた。


              今ではもうこんなとはない。

               

               

              【調子こきやんちゃくれのジーノと、おっとりカフェ派のルーク】

               

               

              暖簾に腕押し、という言葉が当時のルークの気持ちにピッタリであったと思う。

               

              しかし、今となってはルークに教わったことは、身になっているはずだ。



              ジーノもそんなふうに他の仔や、


              人間たちに接するようになっていたらいい。


              もらったものを他に返していこう。

              | | comments(2) | - | posted by uno-craftman - -
              クシャミバズーカー。 21:45
              0

                【ソレなんなん⁈】

                 

                 

                 

                「ッハ〜っ、ハァークシェン!!」

                 

                 

                 

                飼い主のクシャミを止めようとでもするかのように、

                 

                ッハ〜っ、が聞こえると

                 

                猛ダッシュでジーノは音のする方にやってくる。

                 

                 

                鼻でもつまんで、

                 

                止めようとしてくれているのだろうか。

                 

                 

                飼い主の大きなクシャミの声に

                 

                どうやら驚いているようだ。

                 

                 

                そこらじゅうの空気を吸い込んで放たれるクシャミ。

                 

                イントロの無いジーノのクシャミと比べると、攻撃力が高く感じられるようだ。

                 

                 

                怖いものには、

                 

                逆に立ち向かってしまうジーノ。

                 

                 

                 

                心配そうにソファに座りながら、

                 

                眺めてくれたルークとはまた違って。

                 

                 

                 

                ジーノはとにかく怖がりで、

                 

                とにかく、犬らしい。

                | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                オトコに必要なもの。 22:10
                0

                  Jino.【ポロリしそうなめだま】

                   

                   

                   

                  「オトコにはそんなおっきい目は要らんで〜、ジーノ!」


                  ゴルゴのように眼光の鋭いおじさんに、不思議な説教?をされるイタグレ。

                  ジーノはさらにまん丸に目を開いて、おじさんを見上げる。

                   


                   

                  「そんな大きしてどーするつもりや〜!」



                  と言って、

                  おじさんはいつものクッキーをくれた。

                   

                  ガシガシと頭を撫でられ、ポコンとおでこを弾かれる。


                  ジー、久しぶりにクッキーおじさんに会えたな。

                  そんなおじさんは動物にもとてもやさしいのである。

                   

                  | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                  おいしそうなおじさんズ。 13:34
                  0

                     

                    Jino.【おじさんを見て舌なめずりをするジーノ】

                     

                     

                    Taro & Jino.

                     

                     

                    Jino.【ちょうだい!】

                     

                     

                    許してくれるおじさんには強奪、

                     

                    おすわりしないともらえないおじさんにはお座り。

                     

                    お手をしないともらえないおじさんには、お手を。

                     

                     

                    ジーノなりに使い分けているよう。

                     

                    ただ、

                     

                    お座りしないともらえないおじさんに、うっかり強奪に行き、コラと怒られることもシバシバ。

                     

                    ついつい楽な方に流れちゃうのは、人も犬もおんなじ。

                    | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                    食いしん坊。 21:28
                    0

                      【いつよ?いつからよ。】

                       

                       

                      人が食べているのを逐一チェックして、ササーッと詰め寄ってくる。

                       

                      近い、近いで。

                       

                       

                      とにかく、飼い主の誰かが食べていると、

                       

                      「ハイ、ということは次はボクの番でやんすね〜。」

                       

                      と、準備をしている。

                       

                      ノビをしたり、とアクビをしたり、とわざとらしい待ち方をする。

                       

                       

                       

                      飼い主が一斉にご飯を食べている時はいいのだが、

                       

                      帰りが遅くなった旦那さんがご飯を1人食べていたりする時もカウントされるので、

                       

                      やたら来るのだ。

                       

                       

                      ジーノからすると、「ま〜た〜、食べてるなぁ。ボクも!」といった気持ちがわくらしい。

                       

                      わかるようなわからんような。

                       

                       

                      Jino.【らぶいただきます】

                       

                      バニラ&マロンからのいただきもの。

                       

                       

                      Jino.【もっと〜ラブ〜♪】

                       

                      | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                      | 1/33 | >>