イタグレと。大阪で。イタリアングレーハウンドのルーク&ジーノと飼い主たち。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ぐやしい〜。 22:54
0

     

     

    Luke.【キッ!】

     

     

    お腹が減っているときのルークは、怒るタイミングが早い。

     

    ジーノが近づいて少しチョケようものなら、ワンワン連呼攻撃だ。

     

    そのボリュームのある声にこちらもビクッと驚くほどだ。

     

    ルークは家ではほとんど吠えることなどなかったのだが。

     

     

    この写真は、ジーノが一方的に絡んでいるというよりも、

     

    その早さに対する理不尽さに、ジーノが反論している、

     

     

    のだろうと飼い主は勝手に思った。

     

     

    同じことをしても怒らない時もあるのに、なんで今は怒るの?!

     

    といった感じのジーノの心の叫びも聞こえてくる。

     

     

    とはいえ。

     

     

    普段のジーノがなかなかのメンドーな絡み男なわけで、

     

    『ボクは普段ガマンしてるんです!』

     

    というルークの声も聞こえてくる。

     

     

    ついつい、ルークに

     

    「そやなぁ〜、ルーク」と同感を示すと

     

    キュンキュン悔しいような声を出しながら、さらにジーノにムキムキなるルークであった。

     

    Luke.【キュ〜ッ!!】

     

    ゴマちゃん。

    | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
    Happy Birthday!!Luke.7 23:20
    0

       

      ルークは今日で7歳を迎えた。

       

      これからもよろしく。

       

       

      そのお祝いか、いつも以上にジーノはルークにべったりだ。

       

      Luke.【これお祝い・・・?】

       

       

      父ではなく、まるで母のようなルーク。

       

      ジーノは甘えている。

       

       

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       

      Luke.【きゃ〜!】

       

       

      今日の夜ご飯は、いつものフードを半分にして、野菜と肉をのせる。

       

      こんなに可愛いルークだが、

       

       

       

       

      美味しいようだ。

       

      いつも以上に表情に迫力がある。

       

      まだまだ食いしん坊でいてください。

      | | comments(2) | - | posted by uno-craftman - -
      石川の旅2017.summer。 23:24
      0

         

        早朝に大阪を出発し、サービスエリアでの休憩。

         

         

        【暑くて演歌顔になるルーク】

         

        曇天だが湿度が高く、少し散歩するとモアモアする。

         

         

        Luke. 【キャ〜っ!あれ何よ〜!!】

        Jino. 【え?なになに〜?】

         

         

        これ以上近づけないルークと、なにも気づかずにズカズカ行くジーノ。

         

        こういうシーンひとつでも違いを見せてくれる。

         

         

         

         

        石川でいつもの公園へ。

         

        2匹の一緒に走り回り、飼い主たちも楽しい。

         

        ルークはやはりこの公園が好きなようだ。

         

        走りたくてウズウズするルークを見られるのは珍しい。

         

         

        Luke.

         

        記念撮影は真面目。

         

         

        Jino.

         

        初めてのジーノもワクワクだ。

         

        最近食べ過ぎてフックラしてきたジーノ。触り心地が良い。

         

         

         

        Luke. 【・・・!】

         

         

        石川のセミはなんと素早いのか。

         

        ちびっこにいいところを見せようと頑張るも、

         

        こんなに広い公園中で鳴いているのにやっと捕まえたのが3匹だ。

         

        大阪市のセミは素手でもすぐなのになぁ。

         

         

         

         

        ジジジジと鳴り響くイキモノが気になるよう。

         

        「食べられないよ」と声をかけると、

         

        冗談でも舌なめずりするルーク。

         

         

        Jino.

         

        ジーノとは、夕方には一旦さよならだ。

         

        今回の帰省で実家には入れないジーノは

         

        実家近くのペット預かりでお願いすることにしていた。

         

        いつもお世話になっているクリニックはもう空きがなかったのだ。

         

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         

        Jino. 【あ!ルーク!!!】

         

        ルークとともに、ジーノを迎えに行く。

         

        2日ぶりのジーノはやや興奮気味、せっせといろんな匂いをかいでいた。

         

        ルークは嬉しいのか嬉しくないのかわからなかった。

         

        嬉しくなくはないだろうが、嬉しくもなさそうなのだ。

         

        ただ気になっていたとは思う。

         

         

        【ペットカートに慣れていない2匹、固まる】

         

         

         

         

        そして。最終日もう一度公園へ。

         

        ジーノは本当に楽しそうに走る。とても素敵だ。

         

         

         

        ルークはこういうものに生命力を感じてしまうらしい。

         

        ちっさいおじさんでも出てきたらどうするのだ。

         

         

        Luke.

         

        ルークにはわかる。

         

        この覆いしげる大量のクレソンの下には水があることに。

         

        それは初めての時もそうだった。

         

         

        Jino.

         

         

        ジーノは分からない。何度も普通に緑の上を歩こうとする。

         

        そういえば、ジーノは水を飲む時も距離感がわからず、空をペロペロしてから水を飲むことも多い。

         

        公園の水の池の上も普通にズカズカ歩いて行こうとすることもある。

         

        なぜジーノは水の気配がわかりづらいのだろう。

         

        鼻はとてもいいのだが。

        | 旅行 | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
        ジーノ、ふらつく。 23:15
        0

          ジーノは暑さに弱いことがわかってきた。

          おかげで、ルークが比較的暑さに強いこともわかった。

          比べる対象がいなかった昨夏までは、イタグレはエジプトにもいたようだし、

           

          と日本生まれ日本育ちのルークにザックリとした印象を持っていた。
           

           

           

          ある日、ジーノは近場の公園に行く途中、その道中でふらふらと脚元がふらつき、倒れそうになった。

          ギラギラした太陽は顔を出しておらず、曇天。ただし、湿度はある日だった。



          急いでペットボトルのお水をジーノの全身にぶっかける。


          瞬く間に復活したジーノは、ルークにちょっかいをかけ、またグイグイと前に進む。

           



          今のはなんだったのだと思うが、

           

          体温がルークより2度弱ほど高いジーノには、夏は苦手なようだ。とくに大阪の夏は。

          その日以来、夜でもお水をかけかけ散歩するジーノ。

           

          ルーク用の夏服をビッチョビチョにピッチピチに着こなしている。

           

          Jino. 
           

          | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
          深北緑地のドッグランへ。 16:11
          0

             

            Jino.あつ〜。

             

             

            Luke&Jino きゃ〜っ、坂は楽しいわ〜

             

             

            今日はかなり久しぶりに、深北緑地のドッグランへ。

             

            駐車料金はかかるが、ラン自体は無料でそこそこの広さもある。

             

             

            何と言っても、ラン内に坂があり木がたくさん生えていて木陰が多いのが助かる。ちびっこはセミ捕りに夢中だ。

             

            暑い中だがジーノも他の仔と遊べて、このランは気に入ったらしい。

             

            Luke.呼ぶと、体力をなるべく使わないスピードでやってくる。

             

             

             

            Luke.冷たいヤギミルク最高!

             

             

            自宅から持ってきたヤギミルクで休憩タイム。

             

            小分けにして何度も休憩。

             

            Jino.

             

            気づくと木の横で休んでいるジーノ。

             

            風の通り場所を発見したか。

             

            Jino.

             

            Jino.

             

            手のかかる方をマークしていたら、結果ジーノばかりの写真になったしまったパターンだ。

             

            それでも、ジーノなりに少しは成長している。と思う。

             

            やっぱりランで自由に走ることはとても楽しいらしい。

            | お店・ドッグラン | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
            みんなのうたごえ。 23:30
            0

              【短い歌声からどんどんロングトーンになるジーノ】

               

               

              ちびっこがメロディオンを吹く。

               

              もれなく、ジーノが遠吠えする。

               

              もれなく、ルークが鳴く。

               

               

              みんな歌っている。

               

               

              が。楽しくメロディオンを弾きたいちびっこは、

               

              切なさ全開の2匹の歌声に納得いかないようだ。

              | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
              おつかれちゃん。 23:47
              0

                【まずはルークから】

                 

                 

                散歩の途中で、ヤギミルク休憩。

                 

                だいぶ薄めたもので充分な2匹。

                 

                【意外と待てるオトコ、ジーノ】

                 

                 

                【ジーノが飲む間、訴え顔のルーク】

                 

                 

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                 

                 

                【おつかれちゃんシリーズ】

                 

                 

                おそらくフレデリック。赤い花はどこいったかね?

                 

                ジーノのお気に入りの一つだ。

                 

                | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                ルークのサイン。 23:35
                0

                  Luke.

                   

                  ん?

                   

                  んん?

                   

                  【ルークからの謎のサイン】

                   

                   

                  なんだろう?ルーク監督。

                   

                  折り曲げた左脚に折り曲げた右脚をのせ、こちらに送り続けるルーク。

                   

                   

                  で、その耳。壁側だけ立てて。なかなかの複雑さだ。

                   

                   

                  ダンナさんが言う、あれはジョジョ立ちに値する、と。

                   

                  ほんまかいな。

                  | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                  父、先手を打つ。 22:13
                  0

                    実家の父から電話があった。

                    用件はわかった。

                     

                    夏の帰省時に犬2匹はちょっと多い、ということだった。



                    父の犬苦手がわかったのは、最近のことだ。

                     

                    実家の犬が15年ほど生き抜いて、さらに20年ほど経っているから驚きだ。

                     


                    犬2匹はムリだが、犬1匹ならいいらしい。

                     

                    つまりはルークはオッケーだ。

                     

                    Luke【ボク、OKですか?】

                     

                     

                    ルークは何度か一緒に帰省して、かなりの良いコぶりを見せ実積もある。


                    しかし、まだ見ぬジーノ。ルークよりでかいジーノ。

                     

                    娘から口頭で聞くだけでもヤンチャな新入り。

                     

                    父は先手を打つ。

                     


                    というわけで。

                     

                    ジーノは足を踏み入れたこともないまま、現時点で実家は立入禁止となってしまった。

                     

                    Jino【エ?】飼い主のスリッパを振り回して、今日もやってくれるジーノさん。



                    確かに。

                     

                    今朝も起きると、リビングにあった子供のプラスチックのブロックが、見たこともないアートになっていた。

                     

                     

                    小さい子にはしないのだが、父親にはまず挨拶がわりのハイジャンプ、

                     

                    もしかするとハイジャンプアタックをお見舞いするかもしれない。


                    犬は苦手なのに、犬を引き寄せるタイプの父は、仰け反りかえることだろう。

                     

                     

                    うむ、今回は留守番組だ。

                     

                    サムデイ、ジーノ。

                    | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                    暑い散歩の後は。 23:28
                    0

                       

                      ジーノは初めてのスイカ。

                       

                      小さくガジガジしては、口の端から実が落ちる。

                       

                       

                      スイカが大好きなルークは、

                       

                      ステイしているつもりがペロペロと舌は動き、本犬も止められない様子。

                       

                       

                      ガブリ!

                       

                      実家から送られてくるスイカに感謝。

                      | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                      | 1/63 | >>