イタグレと。大阪で。イタリアングレーハウンドのルーク&ジーノと飼い主たち。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
愛すべきイタグレ女子たち。 23:54
0

    Jino & Abi.

     

     

    ジーノとアビーのおしり。

     

    ジーノはいつも、やったんで尻尾のため、見えなくていいところも丸見え。

     

     

    アビーはしっかり運動をして、本当に痩せた。

     

    女の子の中ではかなりしっかりした骨格なので、健康的な印象だ。

     

     

    二匹はいつも挨拶もソコソコに散歩をスタートさせる。

     

    お互い気にならないいい関係らしい。

     

     

    それでも、時折お互い見つけたポイントを共有したり、待っていたり。

     

    なんだか繋がっている。

     

     

     

    Abi.

     

    Jino.【隠せてる?】

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

    さて。

     

    【この可愛らしいオシリたち…】

     

     

    これまたご近所のイタグレ仲間、バニラ&マロンだ。

     

     

    Maron【ジーノ、いつもみたいにやって〜♪ クイックイッ】

     

     

    少し遠くに、気になる柴犬を見つめるジーノと、

     

    グイグイのマロン。

     

     

    Maron【ホラ、もっとこうだってばー】

     

     

    Maron【うんうん、コレコレ〜🎶】

     

     

    Maron【バニラもやってみる〜?】

     

     

    Jino.【フガァ〜】

     

     

    もはや90度のマロンの首。

     

    彼女のゴールはどこなのかわからないが、

     

    ジーノに会うと、マロンは口の中に入ろうとする。

     

     

     

    積極的な女子と、少し控えめな女子。

     

    どちらもジーノにとって愛すべき存在なよう。

     

     

    ジーノは女の子には優しいのだ。

     

    意外と。

     

    ほんと、意外と。

     

    | | comments(2) | - | posted by uno-craftman - -
    今更ですが、お手を。 22:40
    0

      P1200117.jpg

      ©maoppa

       

       

      なんか笑える。

       

      P1200135.jpg

      【真央家にて©maoppa】

       

       

      なんだか可笑しみのあるジーノのお手。

       

       

      毎朝公園でもらうオヤツも

       

      ただではもらえない(笑

       

       

      いつのまにか、

       

      毎日会うおじさんにお手を教えてもらい、習得したのだ。

       

      ジーノのお手はのんびりしていて、出し位置が高い。

       

      真央家にて披露する。

       

       

      P1200152.jpg

      【ダブル御手】

       

       

      うってかわって、

       

      超光速お手で魅せてくれる真央ちゃん。

       

      お手もお代わりも、めちゃめちゃ早い。

       

      もう両手。

       

       

      P1200168.jpg

      ©maoppa

       

       

      こうのすけくんも加わって、スリーショッット。

       

      それぞれの特徴がそれぞれ可愛らしい。

       

      日々の素敵な写真と時間をありがとう。

      | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
      アツイ男。 10:19
      0

         

        数日前の晴れ。

         

        公園のバーベキューコーナーは平日昼間とあって、静かだ。

         

         

        Jino.【ふ〜っ、夏か〜】

         

         

        自転車で並走していると、 

         

        小気味良い足音が急にトーンダウンする。

         

        少し驚いて、横のジーノを確認する。

         

         

        ウンチタイムであった。

         

        歩きながらウンチをするスタイルを貫きつつ、飼い主は拾いつつ、

         

        ジーノはスッキリした表情でまた軽やかに走り出した。

         

         

        Jino.【スゥ〜】

         

         

        体温ももともと高いジーノ。

         

        鼻から出る寝息も熱い。

         

         

        | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
        UMIFURE. 09:44
        0

           

          久しぶりに、イタグレ仲間のアビーと海ふれへ。

           

          草花もぐんぐんと空へ向かい、二匹もそれに埋もれないようにウサギのように飛び跳ねる。

           

           

           

          飼い主たちも、飛び跳ねながら追いかける。

           

          イタグレのように軽やかには行かず、スニーカーにいろんなものが付いてくる。


          アビーは運動をしっかりして、痩せた。


          これぞ理想のダイエットだが、


          人では思うように続かない。


           

          Jino&Abi.【お互い空気のような存在】

           

           

           

           

          程よく曇天。


          見晴らしのいいところに出ると、


          ジーノはなんだか嬉しそう。


          急にテンションがあがる。


          少し引くアビー。

           

           

           

          この二匹、いつまでたっても。

           

          子供のよう動きや表情をみせる。

           

           

           

          見ていて、笑っちゃうコンビなのだ。


          ロマンスには程遠い。

           

          | お店・ドッグラン | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
          久しぶりに漁りましたが。 09:21
          0

            【あ、、やっぱす?バレた?ヒャア〜】

             

            これ、なんなのさ?

             

            【ファ〜っ】

             

            極限のあくび。キンチョー。

             

            【いいだろ、少しくらい!】

             

             

            に見えるが、キンチョーのあくびの続き。

             

            しかし顔がこわい。

             

            【ごみん…】

             

             

            なんとなく反省顔。

             

            ただ、これは漁る前から空っぽだった。

             

            飼い主が居ない間に、

             

            ゴミ箱のフタを開けてせっせと出したようだが。

             

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             

            【朝のごはん】

             

             

            3分の2ほど食べて、

             

            また毛布にくるまり、ゆっくりする。

             

            【あとで食べるから置いといてー】

             

             

            ネコちゃんのような食べ方で、

             

            コントロールしているのか。

             

             

            いつもは、朝の散歩から帰ると残りを平らげるが、今日は雨。

             

            ジーノはいつ食べるのかな。

            | - | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
            何のしわ。 16:12
            0

              【上からジー】

               

               

              【甘えるようになりましたな】

               

               

              【ところで、これは何て言うシワなの?】

               

              | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
              色々詰まったイチゴ。 17:38
              0

                 

                 

                父の文字が書かれた蓋を開けると、

                 

                大きなハムではなく、

                 

                真っ赤な熟したイチゴがぎっしり詰まっていた。

                 

                 

                「こんなん書いてどーすんねんっ!」

                 

                大阪生まれのチビッコが天井に突っ込むように言う。

                 

                 

                確かに。

                 

                ツッコミ甲斐がある。

                 

                 

                 

                電話で感謝を伝えると、

                 

                そこでやっと任務が完了したかのように、

                 

                父の安堵の声が聞こえた。

                 

                 

                イチゴは輸送が本当に難しいようで、

                 

                どうしても傷む。

                 

                年々工夫されて送られてきて、

                 

                今年は全く潰れていなかった。

                 

                 

                想いの詰まった、

                 

                大切に育てられたイチゴたちを飼い主たちはいただく。

                 

                うむ、うまい。

                 

                 

                フルーツは全然食べないのだが、

                 

                ジーノはフルーツの香りが気になるようだ。

                 

                そこら中に漂うフルーティーな香りをスンスンスンスンかいでいる。

                 

                 

                 

                そして、しばらくすると

                 

                誰も座っていないソファの方を向いて、おすわりした。

                 

                コワイ。

                 

                 

                イチゴを頬張る飼い主たちを背に、

                 

                ジーノは誰にお座りしているのだろうか。

                 

                 

                しかし。

                 

                そのうち、

                 

                あ、と気づいたかのように

                 

                くるりとこちらを向いて座り直した。

                 

                 

                こちらもすごいツッコミどころ満載なのだ。

                 

                 

                Jino.【てんねん?】

                | - | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                夢のような夢の話。 21:22
                0

                   

                  Taro&Jino.

                   

                   

                   

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   

                  ジーノが居なくなっていた。

                   

                  あ、これは夢の話である。

                   

                   

                  パパとママとボクで、

                   

                  駐車場のA〜順に探して行く。

                   

                   

                  結局見つからない。

                   

                  仕方なく自分たちの車に戻ると、車の前にジーノが居た。

                   

                   

                  「あっ!ジーノ!!」

                   

                  と駆け寄ると、

                   

                  ジーノは車の運転席に乗り込み、ひとりブ〜ンと走り去ってしまった。

                   

                   

                  そして、ジーノは海を越えて、気づけばin the U.S.A.

                   

                   

                  おさるのジョージと仲良くなり、

                   

                  ジョージが恐竜の展示されている博物館で怪我をして、

                   

                  ジーノはせっせとジョージの看病や付き添いをすることになった。

                   

                   

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                  ウンウン。

                   

                  これ完全におさるのジョージのエピソードやがな。

                   

                  最近映像を見すぎたせいか。

                   

                   

                  ジョージファンのチビッコの夢の中。

                   

                  ジョージとジーノ、夢の共演が果たせた日であった。

                   

                   

                   

                  Jino.【エ?】

                   

                   

                  ジーノ、良かったな。

                   

                  長旅お疲れさん。

                  | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                  連休のいろいろ。 22:35
                  0

                     

                    奈良の銀木犀のドッグランへ行く前に、やや近場のハーブクラブさんで腹ごしらえ。

                     

                     

                    Jino.【スンスン♩】

                     

                    隙間フェチ。

                     

                     

                    ハハ。

                     

                     チチ。

                     

                    コドモ。

                     

                     

                    スマホを構えるより、いただきます!が早かった。

                     

                    ここは、手作りのパンや野菜が本当に美味しい。

                     

                    食べ応えもある。

                     

                    ジーノには犬用ビスケットを買う。

                     

                     

                    銀木犀。

                     

                    Jino.ソロソロリ〜

                     

                    おや?なぜか爆走しない。

                     

                     

                    Jino.【ひゃぁ〜、またオレ叶わないパターン〜】

                     

                     

                    Jino.【ヒャア〜】

                     

                     

                    いつものやったんで!尻尾は封印。

                     

                    走るとあっという間に追いかけられる。

                     

                     

                    イタグレもなかなか速いが、

                     

                    ストライドが大きいボルゾイたちは、

                     

                    スピードも速く美しい走りを見せる。

                     

                    馬のような足音を立てて追いかけてくる数頭。

                     

                     

                    ジーノは必死の形相で逃げ、

                     

                    最後には人が集まっているところに、飛び込んでいった。ボカン!

                     

                     

                    Jino.【ふぅ〜】

                     

                    おしり〜

                     

                     

                    ムキムキに見えるジーノだが、

                     

                    広いランで見ると、ガリガリのイタグレ。

                     

                     

                    Jino.【マー♪マー♪マーキング〜🎵】

                     

                    隣にボルゾイがいることに、この後気づく。

                     

                     

                     

                     

                    もうシュン太郎。

                     

                     

                     

                    キョロキョロして、飼い主を探している様子。

                     

                    呼ぶと、ソソソソとこっそり小走りで来る。

                     

                    ルークの技を習得したようだ。うむ。

                     

                     

                    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                     

                     

                     

                     

                     

                    知り合いの畑で狩らせてもらったさくらんぼ。

                     

                     

                    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                     

                     

                     

                    高槻でバーベキュー。

                     

                     

                    Jino.【ココ・・・】

                     

                    Jino.【ドコ?】

                     

                     

                     

                    グイグイ山の奥へ入ろうとする。

                     

                    スンスンが止まらない。

                     

                     

                    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                     

                    Jino.【ふー】

                     

                    お疲れちゃん。

                     

                    | お店・ドッグラン | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                    ルークを想う。 22:00
                    0

                      Luke.

                       

                       

                      ルークがこの世から居なくなって、49日が過ぎた。

                      ジーノは空いたスペースを持て余すことなく、さかんに動き回っている。

                      ジーノの体を抱きしめる。

                      温かい。

                      そんな普通のことがとても有り難く感じる。


                      ルークに会いたいなぁ。

                      2匹並んでいる姿がやはり懐かしい。

                       

                       

                       

                       

                      Luke.



                      ある人が言った。

                      ルークはヒーローやったんやね、

                      と。

                       



                      なるほど。

                      見事に言い当てていて、宙に浮いていた心がストンと落ち着いた。

                      そうか。

                      私にとって、ルークはヒーローだったのだ。




                      相棒のような、旦那さんのような(人の方もおりますが)、

                       

                      私にとってとても頼り甲斐のある存在であったルーク。

                      居なくなった後、なんだか寂しさ以外のいらつきを感じたのは、

                       

                      そんな癒しのルークが居ないからに他ならない。

                       

                       

                      Luke.

                       

                       

                      そして、その人はそのあと、

                      じゃ、ルークママはヒロインやね!

                      と、笑って付けることも忘れなかった。


                      ハハハ!その通り。



                      ルークは私にとって子供という感覚ではなかった。

                      信頼できるパートナー。

                      私がそう心から思っていたことを、ルークは充分わかっていたと思う。

                      そして、

                       

                      ルークもそう思ってくれていたことを


                      私も知っている。


                      このことは、

                      いくら時が過ぎても、

                      変わらない宝物だ。

                       


                      Luke.

                      | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                      | 1/71 | >>