イタグレと。大阪で。イタリアングレーハウンドのルーク&ジーノと飼い主たち。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
やべっ。 12:08
0

     

    Jino:

     

    あぁ、胸がザワザワする。

     

    これ始まると、オレ、なんか怖いねんなぁ〜

     

    なんか気持ち悪いねんなぁ〜

     

     

    あぁ、やっぱ来る、近づいてきてる。。

     

    ちょほんま、なんなんこれ。

     

     

    Jino.【目そらしとこ〜】

     

    ///////////////////////////////////

     

    飼い主がダンスして近づくと、

     

    なぜか気持ち悪い、とのこと。

     

    なんやねん。

    | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
    強がり。 11:20
    0

      Jino.【Hahaha〜♪】

       

       

       ジーノは歩くのも、走るのも、

       

      楽しそうだ。

       

       

      Jino.ササミ休憩

       

       

      これからはもっと湿度も高くなり、

       

      長い時間の散歩はできなくなるな。

       

       

      Neco.【ボボゥ!】スーパーネコに変身中

       

       

      近所の公園でネコにバッタリ。

       

      ジーノは、ネコのことを

       

      頭の中でどう分類分けしていいか、まだわからないらしい。

       

      それでも、

       

      溢れ出す猫の、やんのかオーラは一瞬で感じるようだ。

       

      Jino.【あそこ通りたかったのになぁ〜】

       

       

      へい、と踵を返す物分かりのいいジーノ。

       

      それでも、負け惜しみなのか、

       

      やったんで尻尾のままなのが、

       

      ジーノらしく、強がりでよろしい。

       

      | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
      朝を感じるオトコ。 16:15
      0

        Jino.【あぁ、朝の匂いスキ〜】

         

         

         

        ジーノに『開けてくれ』と言われ、

         

        リビングの窓を開ける。

         

         

        太陽を浴びながら、目をつむって瞑想する様は、

         

        まるで女優さんの日焼け止めCMのよう。

         

         

        きちんと生き物として、太陽を求めているようだ。

         

        鼻はヒクヒク全開。細かく動いている。

         

         

        大阪市全体の空気を胸いっぱいに吸い込んで、

         

        気持ち良さげに、朝の空気を愉しんでいる。

         

         

        そのうち、

         

        急にフガフガ言い出し、

         

        やったろかい!状態に。

         

        どうした?さっきまでの穏やかな朝は何処へ?

         

         

        あぁ。

         

        ライバル犬が外を通ったらしい。

         

        鼻がいいのも忙しいようだ。

         

        | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
        今日はまだ走れるかな。 14:51
        0

           

          雨上がり、

           

          少し気温の低めの朝に走りに行く。

           

          もちろん走るのは私ではない、ジーノだ。

           

           

          ジーノと同じ速さで、この足で走ってあげられたら、

           

          どんなに素晴らしいだろう、と思う。

           

          楽しいだろうな、ジーノもすごく喜ぶだろうな。

           

           

          夢のようなことを思うが、もしそうならば

           

          その時、私はかなり話題の俊足オバハンになっているだろう。

           

          Jino.【今日はまだ涼しいから走りやすいわ〜】

           

           

          ///////////////////////////////////////

           

          Jino.【オヤツ〜♪Zzz】

           

           

          ヤギミルクを飲んで、

           

          オヤツを食べて、

           

          飼い主のマタでの昼寝。

           

          おかげでしばらくは動けないのだが、

           

          飼い主も少し休憩。

           

           

          ゆっくりしたのも束の間、

           

          チビッコも割り込んできて、

           

          なんだかわちゃっと解散となる。

          | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
          今日の昼寝の共。 14:25
          0

             

            なんなんその父性。

             

             

            Jino.【フガフガ‼︎】

             

             

            「ジーノくん、ストレスあるだろうね。」

             

            犬飼でない友達に言われて、ポロリと自分から何かが落ちた。

             

            え?え?そうなの?

             

            そんなこと思いもしなかった。

             

             

            確かに。

             

            自粛の日々で、普段なら昼間いない飼い主たちが家に居るのだ。

             

            幸せだけではなく、日常と違うストレスがあるのかも、とその時気づいた。

             

             

            普段なら昼間はジーノがのんびりとひとりで過ごしている。

             

            何をしているかは知らないが、帰るといつもソファに寝転がっている。

             

            慣れた頃にはまた生活が変わるかもしれない。

             

            がそれも仕方がない。

             

            とにかく。

             

            散歩、ご飯、おやつ、ボール、

             

            大好きなものを大切に。

            | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
            大きくなりましたな。 16:40
            0

              Jino.

               

              ジーノ、暑くなってきたなぁ。

               

              久しぶりに着た夏服。

               

               

              まるで、

               

              服が小さくなったみたいだと勘違いするが、

               

              Jino.【へへっ】

               

              ジーノが、大きなって(太って)もうたね。

               

               

               

              飼い主と連動して、増えていく体重。

               

              やっぱり動くことは大事やね。

              | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
              最近の日々。 23:16
              0

                 

                Jino.

                 

                Mao.

                 

                 

                 

                ボッコ中。

                 

                 

                Jino.【パッ!パンの匂い?!】

                 

                 

                 

                ちびっこがジーノにオヤツをあげることも多い。

                 

                どこに乗せてあげんのよ。

                 

                 

                 

                スマホのカメラを起動して天井に向け、

                 

                画面のシャッターボタンの上にオヤツを置き、

                 

                ジーノの鼻が当たっての、自撮りらしい。

                 

                ジーノのどこの部分よ。くびか。

                 

                 

                Jino.【〜♪】

                 

                ボール遊びをしたいと。

                 

                【フガフガ】

                 

                 

                放してくれないと。

                 

                投げられないゾ。

                 

                | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                初夏の陽気。 17:45
                0

                   

                   

                  Jino.

                   

                   

                  公園の草木も

                   

                  天に向かってすくすく伸びてきた。

                   

                  ボゥボゥのところはブィーンと刈り取られ、

                   

                  辺り一帯、草の香りでいっぱいだ。

                   

                   

                  帰ってオヤツタイム。あるあるネタだ。

                   

                  歯のない場所から、舌が出てくる。

                   

                  オヤツに集中なようだ。

                   

                   

                   

                  全て食べた後は、ゆっくりするだけ。

                   

                  安心してソファに寝転ぶ。

                   

                  空中にブランとある脚を下から眺める。

                   

                  不思議。

                   

                  なんでもかわいいのだ。

                   

                  これが旦那さんの脚なら、そういうわけにはいかんわけで。

                   

                  動物の存在に感謝する日常だ。

                   

                  | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                  猫ちゃんチェック。 14:49
                  0

                     

                    気持ち良さそうに眠るジーノ。

                     

                     

                    鳥のように丸まって眠るジーノ。

                     

                    Jino.【え?え?】

                     

                    自分のおならが信じられないジーノ。

                     

                     

                     

                     

                     

                    Mao , Nana & Jino.

                     

                    【〜♪】

                     

                     

                    ///////////////////////////////////////

                     

                     

                    Jino.血も固まり大丈夫。

                     

                     

                    散歩の途中で草むらに顔を突っ込む。

                     

                    飼い主が気づいた時には、

                     

                    ネコの必殺パンチが出た後だった。

                     

                    どうやらネコちゃんの寛ぎ場所だったらしい。

                     

                     

                    あわわ。

                     

                    呆然とするジーノの顔をくるりとこちらに向け、確認する。

                     

                    目の横当たりから針でさしたように、小さな血の玉がぷくっと溢れる。

                     

                    ジーノの隈取のような目のフチの部分に爪が当たったのだろう、と思う。

                     

                     

                     

                    念のため、診てもらうが、

                     

                    眼球には傷もなく、一応という事で塗り薬をいただいた。

                     

                     

                    ジーノ、すまん。覚えとかなあかんね。

                     

                    | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                    日々の散歩。 17:00
                    0

                       

                       

                      人の少ない公園がある。

                       

                      犬の匂いもしないのか、マーキングもあまりしない。

                       

                      急な坂を上がってみたり、木々の間をのぞいてみたり、

                       

                      ジーノは4歳の今でも、まるで子供みたいだ。

                       

                      今日も全身シャンプー行きは間違いない。

                       

                       

                       

                       

                       

                      急に草木も成長した気がする。

                       

                      さぁ、お家へ帰ろう。

                       

                      | | comments(0) | - | posted by uno-craftman - -
                      | 1/87 | >>